知的な日々の過ごし方

地球一周の距離は?何キロあるの?その意外な導き出しかたとは!

      2016/09/15

私たちの住んでいる星、地球。

青くて丸くて大きくて、とてもとても広い星です。

 
広いことはわかっているけど、具体的な数字まではわからないという人は、多いはず。

 
そこで今回は、地球一周の距離について、いろいろ調べてみたところ、面白いことがわかりました!

では、一緒に見ていきましょう♪

 

スポンサーリンク

 

地球一周の距離は何キロメートル?

まずは、現在知られている正確な距離から見ていきましょう。

 
地球一周の距離には、2つあります。

 
1つは、「赤道の長さ」。

赤道とは、ご存知の通り、本当に赤い道が通っているわけではなく、理論上の横線で、緯度0度を表しています。

地球儀にひかれている赤い線がそうです。

sekidou

 
この赤道の距離は、40,075キロメートルになります。

 

もう1つは、「北極と南極の2点を通る距離」。

-25℃前後ほどある北極と、
-50~-60℃にもなる寒ーい南極、

この2点を通る距離は、40,009キロメートルになります。

 

そうなんです、赤道の長さのほうが少しだけ長いんです。

地球は自転しているので、赤道の部分が少しふくれた楕円形になっているんです。

 
なので、地球一周の距離は?と言われたら、だいたい40,000キロメートルと答えるといいでしょう(^^♪

 

地球一周の距離を導き出したのは?

古代ギリシャが最古

 
世界で一番最初に、地球一周の距離を計算したのは、エラトステネスという、古代ギリシア人。

 
時代は紀元前230年頃!
かなり昔です。

 
そのときの彼の計算によると、地球一周の距離は「約46,000キロメートル」でした。

 
「ん?そんな昔にどうやって計算したんだ?」
って思いませんでした?

 
頭のよかったエラトステネスさんは、エジプトにあるシエネという町では、夏至の日に「太陽が真上にある」のに、同じ日の同じ時間に、アレキサンドリアの町では、太陽は7.2度傾いていることに気づいたんです!

 
シエネからアレキサンドリアまでの距離は、925キロメートル。

 
彼は、925×360÷7.2の計算から、
「約46,000キロメートル」という答えを導き出したのです。

 
・・・2000年以上も前なのに、どうして彼は地球は丸いと知っていたのでしょう?

衛星も何もない時代なのに・・・

しかも数字も、あながち間違っていないし・・・

すごいですよね。

 

スポンサーリンク

 

そもそも地球が基準だった!

つぎは、もっと現代にちかい時代のおはなしになります。

18世紀末のフランスが舞台です。

 
この時代のフランスには、多すぎる単位が存在していました。

昔の日本にも、「寸」「尺」「里」など、今と違った距離・長さの単位があったように、フランスには800以上の単位があったんです!

ところで、単位がたくさんありすぎるとなにが問題なのか?

 
考えてみてください。

 
例えば、機関車を作ろうとしたとします。

たくさんの部品が必要なので、いろんな会社が共同でつくることになります。

でも、寸法についての統一された決まりがないと、いったいどの単位の大きさで作ればいいのかわかりません。

特に精密な部品を作るのは、より困難になります。

 
この時代、貿易や科学・工業がめざましい発展をみせていましたので、早急な統一単位が必要だったんです。

 
ここで登場するのが、地球

 
へっ?なぜ地球なの?
って思いませんでした?

わたしも調べるまで知りませんでした。

 
実は、いまでこそ当たり前な「メートル」という単位は、地球からできたんです!

 
具体的には、「北極から赤道までの距離の千万分の1を1メートル」とすると決めたんです。

 
つまり、地球一周が4万キロというのは、そもそもが人間が決めたものだったんです!

 
でも、たしか40,009Kmだったような・・・ と思った方、鋭いです。

この誤差は、当時の最新技術をもって測った結果と、現在の技術で測った結果の差です。

200年以上前に実際にあるいて測量したものが、ここまで正確だったというのも驚きですよね。

地球一周するには何日かかるの?

 
earth

 
地球一周の距離は、約40,000キロメートル。

 
・・・と言われても、いまいちピンと来ませんね。

 
ではここで、「歩いたらどれぐらいかかるのか?」ということを考えてみましょう。

 
一般的に言われている歩行速度は、時速5キロメートル。

 
地球一周の距離40,000キロメートル÷5キロメートルで、8,000時間。

 
日にちに直すと、8000時間÷24時間=333.3333・・・

つまり、約333日。

 
1年は365日ですから、約1年近くかかるわけですね。

 
「え、1年ぐらいで地球一周できちゃうの?」と思うかもしれませんが、当然この計算には、ご飯を食べる時間や、寝る時間などは入れていません。

 
あくまでも、

休む間もなく5キロメートルという一定の速さで歩き続ければ」

の話です。

 
それはまず無理な話なので、現実的には、1年そこそこでできることはないでしょう。

それぐらい長ーーーーーーい距離なんです。

ただ、「一生をかけて歩いて制覇する」
となれば、できない距離ではないかもですけどね(^-^;

 

 

いかがだったでしょうか?

自分たちが住んでいる地球のことを、少しでも知れて、何だか少しだけ賢くなった気分になりますね(笑)

 

ついでに、ここで豆知識をひとつ。

 
私たち人間の体の中には、血管が流れていますよね。

 
栄養素や酸素を運ぶための血液、それを通るための通路が血管です。

 
1人の人間の血管を、1本につなげると、何と実は!!!

地球一周の距離よりも長くなるのです!

 
血管には、大きな大静脈・大動脈の他にも、とても細く、目では見えないような毛細血管がたくさんあります。

 
そういった血管もすべて合わせて1本にすると、驚くほどの長さになってしまうのです。

 
・・・何とも、信じがたい話・・・(´゚д゚`)

 
ぜひ、友達や家族にも、話してみてくださいね♪

 - 豆知識

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です