知的な日々の過ごし方

読書感想文の書き方!高校生ならコレ!

      2016/01/15

夏休みの宿題で必ず出てくるのが、
「読書感想文」。

小学生だけかと思いきや、意外と
中学、高校になっても、あったりしますよね。

 

スポンサーリンク

 

特に高校生ともなれば、
小・中のときよりも、
ちょっと質の高いものを書く必要があります。

 
本を読むのはまだしも、
そこから感想なんて・・・

 
書き方がよくわからない、
うまく書けない、

だから、読書感想文は
どうしても後回しにしてしまう・・・

そんな人は多いと思います。

 
そこで今回は、読書感想文を書くのが
苦手なあなたのために、
上手な読書感想文の書き方をお話していきます^^

 

読書感想文を書く上での大事なこと

 
これは、調べてみると、
いろんなところに載っていますが、
やはりよく言われるのは、

088904

  • 本選びの基準は「自分が面白いと思った本」
  • 読んでる途中、読んだ後はメモをする
  • 構成を考える
  • 書いた後は読み直しをする

 
ということです。

 
1つずつ説明していきますね!

 

本選び

 
鉄則っていうか、何よりまずは
これをしなくては進みませんね(笑)

 
copyright1

 

高校生の場合、小・中のときよりも
少し文学的な要素が強いようなもの
いいと思います。

 
芥川龍之介や太宰治ですかね。

あとは、自伝のようなものもオススメです。

 

よく、自分が読んだ漫画や、
見たテレビのことは、友達に、

「○○面白かったよ!こういう話で、
こういうところが面白くて・・・
なんて、話しますよね。

 
読書感想文もコレと似ています。

 
ただ違うのは「話して」伝えるか、
「書いて」伝えるかだけ。

 
自分以外の人に勧めたい、
面白さを伝えたい、

そう思うような本を選ぶほうが、
感想文は書きやすくなります。

 

読んでる途中、読んだ後はメモをする

 
book (3)

 
私の個人的な考えですが、
本を一冊読んだときと、
ドラマを一話見たときでは、

本を一冊読んだときのほうが、
どれだけ、感動シーンや印象に残った
シーンがあっても、

すぐ忘れちゃうと思うんですよね(;´∀`)

 
ドラマだと、映像として、
目でしっかりそのシーンを見てるし、

台詞を耳で聞いているので、
まだ思い浮かべやすいというか・・・

 
なので、本を読んでいて、
「あっ、ここ面白いな」って思ったところは、

しるしをつけて、
「なぜそう思ったのか」をメモしておきましょう。

 
読書感想文を書く上で、
「なぜそう思ったか」というのは、
とても大事
になってきますからね。

 

構成を考える

 
自分の伝えたいことを分かりやすく
伝えるため、感想文の組立を考えましょう。

 
感想文の構成の定番として、
言われているのは、
「四段落構成」。

 
この段落については、後で詳しく
お話しますね。

 

書いた後は読み直しをする

 
book (1)

 
これはとても大事なことです。

 
読み直すことで、主語述語の関係は
おかしくないか、
漢字間違いはないか、

自分の伝えたいことが読み手に
伝わるものになっているか、

などの点を確認することができます。

 
ただ、自分の伝えたいことが、読み手に
伝わるものになっているかというのは、

なかなか書いた本人には、
わかりにくいものなので、
家族の人に読んでもらうとよいでしょう。

 

では次に、段落分けについて
説明していきますね。

 

スポンサーリンク

 

読書感想文の書き方(段落分け)

 
読書感想文を上手に書くためには、
構成をしっかり組み立てること
鍵となってきます。

 
そこで出てくるのが、
感想文の構成の定番「四段落構成」。

 
どういう風に分けていくのでしょうか?

 
arrow 第一段落

第一段落は、読み手をひきつける様な、
インパクトのある、書き出しで始めましょう。

 
book (2)

  • 読み終わった、今の感想
  • 本の中で、印象に残った文章
  • その本を選んだ理由

などなどです。

 

  • 僕は、すごくびっくりした。
  • 友情ってこういうことなんだなと、
    今、私はしみじみ感じている。
  • 本を読み終わって、
    しばらく、何をする気も起きなかった。
  • 読み終えて、なんだかすごく
    悔しい気持ちになった。
  • 「○○(本からの引用)」という
    一文は衝撃的だった。
  • 表紙のイラストに、
    強烈にひかれて読み始めた本だったけど、

 

「~~だと思った」と書くより、
「○○だ」と断言する方が、インパクトがありますよ!

 
あなたの感じたことを、ちょっと
大げさなくらいの文章に
してみてくださいね!

 

arrow 第二段落

第一段落で、今の思いをぶつけたら、
それを広げていきましょう。

  • なににビックリしたのか
  • なぜ、悔しい気持ちになったのか
  • どんなところに衝撃を受けたのか

「なぜ?」の答えを書くことで、
感情が生まれた理由や原因を
探っていきましょう。

 

arrow 第三段落

ここが、一番力を入れなければいけない
大事なところです。

 
第二段落で理由を述べた後、
さらに、それを深めていきましょう。

 
やり方は、とっても簡単!

point

主人公と自分を比べてみる!

 
book (1)

  • 住んでいる環境
  • 食べているもの
  • 着ている服
  • 政治情勢や経済情勢

比べる要素は、たくさんありますよね?

 
自分と比べて、その違いや、その違いから
生まれる行動や感情
を、考えてみてください。

 

arrow 第四段落

さいごは、いよいよ「まとめ」に入ります。

 
本を読んで感じたこと、自分との違いを
書いてきたわけですが、

  • その本を読んだことで、自分は何を得たのか?
  • 感じたことを今後どう生かすのか?

などなど、今後の抱負を述べて、
仕上げましょう。

 

  • ○○な社会をつくる、そんな大人になりたい。
  • ○○を、今以上に大切にしていきたい。
  • 自信をもって、○○ができる自分を目指したい。

 
などなど、ここも、しっかりと言い切る
力強い感想文のできあがりです^^

 

 

読書感想文の書き方、
いかがだったでしょうか?

 
夏休みの宿題と言えば、最終日近くに
なってから、必死にまとめてやる
というのが、よくありがちですが、

読書感想文は、まず本を読まなければ
いけない
ので、最終日だけでは
時間が足りないかもしれません(^-^;

 
1日も早く、宿題を終わらせて、
夏休み(冬休み?)を有意義に楽しみましょう!

 - 豆知識

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です