知的な日々の過ごし方

消化に良い食べ物!お腹の調子の悪いときはコレ!

   

お腹から来る風邪をひいたとき、
ずっとお腹がゴロゴロ言っててどうも調子が悪い・・・

なんてことありますよね。

 
こういうとき、頑張って栄養のあるものを
食べようとしがちですが、

実は、栄養価が高ければ高いほど、
消化に時間がかかり、逆に体によくない
ということもあるんです。

 

スポンサーリンク

 

かといって、なるべく食べないように
するというのも、逆効果。

 
なので、お腹の調子が悪いときは、
早く治すためにも、なるべく
消化のいいものを食べるようにしないといけません。

 
でも、消化に良い食べ物って、
具体的に、どういうものなのでしょう?

そこで今回は、お腹の調子が悪いときに
ちょうどいい、消化にいい食べ物を紹介したいと思います!

 

消化に良い食べ物はコレ!

穀類

 
おかゆご飯(軟らかいもの)、うどんなどは、
風邪をひいたときに、よく食べるものの定番ではないでしょうか。

 
私もよく食べています。

 
これらは消化が良く、胃腸にも優しいのでおすすめです。

 

ただし、同じ穀類でも、玄米やコーン、
そばなどは、消化がよくないので避けてください

corn-350
 

また、穀類ではないですが、お豆腐なんかもおすすめです。

 
大豆からできているものなので、
植物性タンパク質が多く含まれており、
消化吸収がスムーズですからね!

 
お味噌汁に入れるもよし、湯豆腐にして食べるもよしです◎

 

野菜類

 
お腹の調子が悪くても、野菜は摂るようにしましょう。

 
野菜は調子を整えてくれますからね^^

 
ただし、野菜であれば、
何でもいいというわけではありません。

 

野菜は食物繊維を多く含んでいますが、
食物繊維には、

  • 水に溶ける「水溶性食物繊維」
  • 水に溶けない「不溶性食物繊維」

の2種類があります。

 
不溶性食物繊維の多いごぼう、大豆、
とうもろこし、れんこん、ねぎ、
こんにゃく、きのこ類などは、消化はよくありません。

 
大根、キャベツ、にんじん、かぼちゃなど
水溶性食物繊維が多いものは、
消化にもいいので、摂っていくようにしましょう。

 
先ほどあげたおかゆやうどんに、
一緒に入れて、煮込んで食べるとなお効果的です◎

 
生のまま食べるよりも、
火を通して食べると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

果物類

 
果物も野菜と同じように、
体の調子を整えるのに必要なものです。

 
果物は消化が良さそうなイメージが
ありますが、実はそうでないものもあります。

 
パイナップルやキウイ、スイカ、
柑橘類などは避け、りんごや少し柔らかめの
バナナを摂るようにしましょう。

 
りんごはすりおろして食べると、
消化吸収がスムーズになるのでおすすめです。

 

 

以上、消化に良い食べ物を紹介しました!

 
お腹がゴロゴロして、調子が悪いとき、
栄養がありそうだからと、何でもかんでも
食べるっていうのは、よくないんですねぇ。

 
ちゃんと消化にいいものを選んで食べないと、
治るものも治りません。

 
お腹にいいものを選んで、ぜひ、
早く治してくださいね♪

 - 不調, 豆知識

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です