知的な日々の過ごし方

夏フェスのファッション!女性におすすめなのは?

      2016/01/15

季節は、もうすぐ夏。

夏と言えば、音楽好きにはたまらない、
「夏フェス」がありますよね!

 
コンビニの壁には、そろそろ
チケットの販売情報が貼られている頃でしょう。

 

スポンサーリンク

 

「夏フェスには毎年行ってる!」という
ベテランさんがたくさんいる中で、

「今年初めて参加する!」という
初心者さんもいると思います。

 
初めてであれば、なおさら、
思い出深いものにしたいところですが、
そこで気になるのは、夏フェスでの服装。

 
「変に目立ちすぎても微妙だし、
おしゃれに重点をおきすぎて、
動きづらくなっても嫌だしな・・・」
と悩むことと思います。

 
そこで今回は、夏フェスファッションに悩む
フェス初心者のために、オススメの服装
を紹介します。

 

夏フェスにオススメのファッション

 
日焼け・熱中症対策のためにも、帽子は必須です。

 
fes3

 
夏フェスでは、キャップをかぶっている人
多いですね。

 
あとはナイロン製のハットなんかも、いいかも。

 
軽いし折りたためるし、雨や汗を
弾いてくれます。

 
ただ、つばがあまり広すぎないもの
選ぶようにしましょう。

 
人にぶつかったり、後ろの人が
見にくかったりして、
まわりに迷惑をかけることになります。

 

帽子をかぶりたくなければ、タオルや
バスタオルを頭からかぶるという方法もあります。

 
バスタオルは日焼け防止だけでなく、
寒くなってきたら、羽織ることもできるし、
濡らせば、暑さ対策としても使えるし、

疲れてきたら、広げて座ることもできるし、
1枚あれば、とっても便利ですよ!

 

トップス

 
トップスは、基本、Tシャツ
着ている人が多いですね。

 
fes2 (2)

自分が持っているTシャツでもいいし、
そのフェスに出る、自分の好きな
アーティストのグッズTシャツでもOK。

 
また、そんなの関係なく、
海外のバンドのTシャツを着てもいいですね。

 
何かフェス常連者っぽくなって、
うまくなじめるかも?(笑)

 

ただし、白色や薄い色のTシャツは避けましょう。

万が一、ぬれたとき、中が透けてしまいます(>_<)   そして念のため、パーカーや カーディガンなど、羽織れるもの
持って行きましょう。

 
日焼け防止のため、夜になって
冷えてきたときのため、
雨が降ってきたときのため・・・などなど、

いざというとき使えます。

 

スポンサーリンク

 

パンツ

 
スカートよりも、ズボンや
ショートパンツがベストです。

 
ハーフかショート丈が理想ですが、
日焼けや虫さされ対策
しっかり行ってください。

(もし座ることが多いフェスの場合は、
ロングがいいかもしれません)

 

そして、よく伸びる、ストレッチ性の
高いもの
を選ぶようにしましょう。

 
その方が動きやすし、機能的ですからね。

 
それに、ピチッとしたものだと、
もし汗や雨などでぬれたとき、
動きづらくなって大変です。

 
ショートパンツの場合は、下に
ニーハイやレギンスなどを履くとよいでしょう。

 

もし、どうしてもスカートを履きたいなら、
せめてワンピースかなぁ・・・

とも思いますが、どこか引っかかったりして
危ないのでオススメしません。

 

 
やはり暑いので、サンダルを
履いていきたいと思う方も
いると思いますが、フェスは動き回ります。

 
サンダルだと歩き疲れてしまうので、
あまりオススメしません。

 
おまけに、踏まれたとき痛いし、
下が草むらの場合は汚れたり、
ちょっと軽く怪我したり、

草負けする可能性もありますからね(^-^;

 

フェスでは、動きやすくて
履きなれているスニーカーが一番いいでしょう。

 
fes2 (1)

 

もしくは、雨対策として、
おしゃれなレインブーツや、
レインシューズなんかもいいと思います。

 
ただ、レインブーツは蒸れるので、
履くならボトムはショートパンツにするなどして、
調節するようにしましょう。

 

ちなみに、ヒールの高いものは論外です。

危ないし、すぐ疲れるし、動きづらいし・・・

 
おしゃれをしていきたい気持ちは
分かりますが、フェスでヒールは
止めておきましょう。

 

 

以上、動きやすく、疲れにくい服装を
紹介させていただきました。

 
「音楽を楽しみたい!」
「おしゃれも楽しみたい!」

 
そんな気持ちは、夏フェス好き女子なら
誰でも思っていること。

 
でも、おしゃれを重視しすぎて
疲れてしまって、
フェスが楽しめなくなっては意味がありません。

 
アーティストのグッズのTシャツというのは、
凝ったデザインが多いですし、

帽子だって、ボトムだって、
可愛らしいのはたくさんありますからね。

 
機能性を大事にしつつ、
女子ならではのおしゃれもして、
思いっきりフェスを楽しみましょう!

 -

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です