知的な日々の過ごし方

旧暦の月名!それぞれの意味は?

      2016/01/16

カレンダーをふと見ると、「神無月」の文字。

これは旧暦の月の名前で、もちろん
12個あるわけですが、

あなたは、この旧暦の月の名前を、
すべて言えますか?

また、その意味を知っていますか?

 

スポンサーリンク

 

学校で習いはしますが、
ふだん、使うものでもないので、

自分の誕生月だけ覚えていたりとか、
「旧暦では何て言うんだっけ・・・?」
なる人も多いと思います。

 
そこで今回は、旧暦の月名と、
それぞれの意味について、

詳しくお話していこうと思います!

 

旧暦の月の名称

 
睦月、如月、弥生・・・など、
旧暦月の名称は、「和風月名」と呼ばれ、
旧暦では、この呼び名が使用されていました。

 
これは、旧暦の季節や行事に
合ったもの
がつけられましたが、

現在の暦でも、カレンダーに記載があったり、
学校などで、その呼び名を習うこともあり、
知っている方は多いと思います。

 
ただし、現在の季節感とは、1~2ヶ月ほどずれています。

 
では「和風月名」のことを知ったところで、
いよいよ本題の、旧暦月の名前と
その意味について、
詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

旧暦の月の由来と意味!

 
arrow 睦月(むつき):1月

1月はお正月。

 
「親戚や知人が集まって、仲睦まじくする月」
ということから、この名前がついたと言われています。

 
そのほかの説では、

  • 初めて稲の実を水に浸す月=「実月(むつき)」
  • 元になる月=「もとつき」が「むつき」になった

というのがあります。

 

arrow 如月(きさらぎ):2月

寒さから身を守るため、
着物を更に重ねて着ることから、
「着更着(きさらぎ)」、

または、衣(きぬ)を更に着る月=「衣更着(きさらぎ)」

ということから、この名前がついたと言われています。

 
そのほかの説では、

  • 草木が生え始める月=「生更木(きさらぎ)」
  • 気候が陽気になる月=「気更来(きさらぎ)」、「息更来(きさらぎ)」
  • 草木の芽が張り出す月=「草木張り月(くさきはりづき)」

から転じたというのがあります。

 

arrow 弥生(やよい):3月

弥生は「ますます」や「いよいよ」とい
う意味を持つ「弥(いや)」、

草木が芽吹くという意味の
「生い茂る」から「生(おい)」の、
「弥生(いやおい)」が変化したものとされています。

 
草木が芽吹いてくる月ということなんですね!

 
month (1)

 

arrow 卯月(うづき):4月

卯月は、卯の花(ウツギの花)が
咲く月
であることから、
「卯の花月(うのはなづき)」と呼ばれ、

それを略したものであると言われています。

 
そのほかの説では、

  • 4番目の月だから、十二支の4番目の「卯」
  • 稲を植える月=「植月」から転じた

というのがあります。

 

arrow 皐月(さつき):5月

「さ」という言葉には、田植の意味があり、
5月は、田植をする月であることから
「早苗月(さなへつき)」と呼ばれ、

それが短くなったものであると言われています。

 
日本書紀などでは「五月」と書いて
「さつき」と読んでいますが、

「皐」という漢字に「神にささげる稲」
という意味があるために、
この字を当て、「皐月」になったそうです。

 

arrow 水無月(みなづき):6月

水無月の「無」は、「の」にあたる
連体助詞なので、水無月は、
「水の月」と言う意味になります。

 
田植えが終わり、田に水があるということから
この名前がついたと言われています。

 
また、旧暦の6月は、梅雨が明けて
水が無くなる月であるということから、
こう言われるようになった、という説もあります。

 
month (2)

 

arrow 文月(ふづき・ふみづき):7月

短冊に字を書く七夕の行事にちなんで
「文披月(ふみひらきづき)」が転じて、
文月になったといわれています。

 
ほかの説では、

  • 稲穂が実る月=「穂含み月(ほふみつき)」
  • 稲穂の膨らみを見る月=「穂見月(ほみづき)」

から転じたというのがあります。

 

arrow 葉月(はづき):8月

今の9月~10月上旬の秋にあたるため、
葉が紅葉して落ちる月、つまり
「葉落ち月」が「葉月」になったと言われています。

 
ほかの説では、

  • 稲穂が張る月=「穂張り月」「張り月」から
  • 雁が北方から来る月=「初来月」「初月」から

というのがあります。

 

arrow 長月(ながつき):9月

今の10月~11月上旬にあたるこの月は、
日が沈むのが早くなり、だんだんと
夜が長くなるため「夜長月(よながつき)」と呼ばれ、

その略であると言われています。

 
そのほかの説では、

  • 雨が多く降る月=「長雨月(ながめつき)」
  • 稲を刈り収める月=「稲刈月(いなかりづき)」

というのがあります。

 
month (3)

 

arrow 神無月(かんなづき):10月

神無月の「無」は、水無月と同じく、
「の」にあたる連体助詞なので、
「神の月」という意味。

 
神を祭る月であることから、
こう言われるようになったと言われています。

 
また、10月に、全国の神様が
出雲大社に集まることで、

神様がいなくなるため、神無月になったと
いう説もあり、出雲大社がある島根県では、
「神有月・神在月(かみありづき)」と呼ばれます。

 
そのほかの説では、

  • 雷の鳴らない月=「雷無月(かみなしづき)」
  • 新穀で酒を醸す月=「醸成月(かみなしづき)」

が転じたというのがあります。

 

arrow 霜月(しもつき):11月

霜が降る月=「霜降り月・霜降月(しもふりつき)」の
略であると言われています。

 
そのほかには、神無月を「上な月」、
霜月を「下な月」と考え、
霜月になったとも言われています。

 

arrow 師走(しわす):12月

伊勢神宮や各神社の、神社の参拝の
世話をする神官、御師(特定の神社に属し、
依頼を受けて代祈祷する人)たちが、

各家庭を巡ることから、こう言われるようになったようです。

 
そのほかの説は、

  • 僧侶が走り回るほど忙しくなることから
  • 年が果てる、という意味を持つ「年果つ(としはつ)」が変化
  • 一年の最後になし終える、という意味を持つ「為果つ(しはつ)」が変化
  • 四季の果てる月、という意味を持つ「四極(しはつ)」が変化

というのがあります。

 

 

旧暦の呼び名、いかがだったでしょうか?

 
誕生月は、何という名称でしたか?
どんな意味を持っていましたか?

 
こうやって見てみると、結構おもしろいですよね。

 
個人的には、12月の師走の意味が
「僧侶が走り回るほど忙しくなるから」
という意味以外にも、いろいろあることに驚きました。

 
意味は1つだけじゃないんですねー。

ぜひ、旧暦月の名前を知らない人がいたら、
意味も一緒に、教えてあげてくださいね^^

 - 豆知識

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です