知的な日々の過ごし方

名刺入れ!女性に人気♪好感度の高いのはコレ!

      2016/01/16

社会人の必需品の1つといえば、
名刺と名刺入れ!

 
間もなく、就職して、社会人になるあなた、
もう、名刺入れは用意しましたか?

 
第一印象で失敗しないためにも、
名刺入れ選びは、とっても重要です。

 
そこで今回は、名刺入れを選ぶポイントや
おすすめのブランド
を紹介したいと思います。

 
ぜひ、これを参考に、仕事のできる女性を
目指してくださいね^^

スポンサーリンク

 

失敗しない名刺入れ選びのポイント!

名刺入れは、個人の持ち物。

女性らしいかわいい色やデザインのもの
選びたい!

・・・なんて、思っていませんか?

 
名刺入れ1つで、あなたの印象が大きく
変わることもあるので、

選び方のポイントは、
きちんと押さえておきたいところです。

 
arrow 実用性

初対面の方と名刺を交換するのに、
名刺がサッと取り出せない・・・

うっかり名刺を切らしてしまった・・・

なんてことがないように、
使いやすいもの、収納力のあるもの
選びましょう。

 
自分の名刺と、相手の名刺が、
分けて収納できる仕切りのついたものが、
おすすめです。

 

arrow シンプルなデザイン

質のいいものを長く使い続けるなら、
ブランド物がよさそうですが、

ブランドのロゴが派手だったり、
ひと目でブランドがわかるようなものは、

新入社員にふさわしくないと思う人も
いるようです。

 
また、カラフルでカジュアルなものや、
プラスチック製、金属製のものは、
信頼感が低い印象を与えることも!

 

シンプルなデザインで、色は黒や茶色など、
ダークカラーを選ぶのがおすすめです。

 

それでは、実際に、新入社員におすすめの
ブランドを、紹介していきますね!

 

おすすめの名刺入れブランドはコレ!

ポーター(吉田カバン)

 
吉田カバンのブランドの1つ、ポーターは、
19622年に発表された、ロングセラーブランドです。

 
デパートやショッピングセンターでも、
ポーターのコーナーは、
よく見かけますよね(^^♪

 
布製のカジュアルなものが、
目につくかもしれませんけど、

革製のものも、たくさんあるんですよ!

 
meishiC1引用元:http://www.rakuten.co.jp

 
こちらは、レディース向けの商品では
ないですけど、角の丸いフォルムは、
女性にピッタリ。

 
革の裁断から縫製まで、日本製に
こだわっっているブランド
なので、

使うほどに味が出てくるし、どの商品も、
長持ちすることには、定評があります。

 
ビジネスシーンでの評価も、
とても高いんですよ^^

 

キプリス

 
まだ、知名度は低いけれど、
革の品質に定評のあるのが、CYPRIS(キプリス)です。

 
ヨーロッパのブランドのような名前ですが、
1995年に設立された、日本のブランドです。

 
meishiC2引用元:http://www.rakuten.co.jp

 
コードバンと呼ばれる、馬のお尻の部分を
使った製品のラインナップも、あります。

 
牛革の2倍の強度を持つという、
希少な革で、手触りがとてもいいんです^^

 
使うほどに、手になじんでくるし、
1度使えば、手放せないかもしれませんよ!

 

デパートなどでも取り扱っていますので、
ぜひ、実際に手に取ってみて、その感触を
試してみてくださいね。

 

土屋鞄製造所

 
1965年に始めたのは、ランドセルづくり
という工房が、土屋鞄です。

 
ランドセルで培った技術が、今は、
ビジネスシーンでも大活躍するアイテムを
生み出しているんですね!

 

ヌメ革 名刺入れ【楽ギフ包装】

ヌメ革 名刺入れ【楽ギフ包装】
価格:7,500円(税込、送料別)

 
上質な素材を生かすため、デザインはどれも、
とてもシンプルです。

 
ちょっとシンプルすぎる!?という感じも
ありますけど、飽きずに長く使い続けるなら
こういうものがおすすめです^^

 
こだわりの商品には、信頼感があって、
ビジネスシーンにも、ピッタリですしね。

 

 

以上、3つのブランド、いかがでしたか?

 
海外の有名ブランドも、
捨てがたいとは思いますが、

今回、紹介したのは、なぜかすべて
日本のブランドになってしまいましたね(^^ゞ

 
新入社員の時期に使うということで、
お手頃な価格のものに、絞ってみたのと、

自分の好みや、使い方を知ってから、
2つ目を買うのに、まずはとても
シンプルなものを・・・ということで、

選ばれたブランドたちだったのですが、

紹介したものは、どれもこだわりのある
上質なもの
になりました。

 
長く使い続けることができると
思いますので、可能であれば、

店頭で、実際に見てみてくださいね(^^♪

 - 豆知識

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です