知的な日々の過ごし方

自転車の日焼け対策!まっ黒になる前に!!N

      2016/09/18

これから、だんだんと日焼けが気になる
季節になっていきますねー。

 
紫外線は、夏に限らずいつでもありますから、
いつの時期でも、日焼けする可能性は
あるものですが、夏は露出も増えるのでなおさら!

 
電車や車などの中は、ともかくとして、
自転車で外を移動する場合は、
特に、紫外線は気になりますよね。

スポンサーリンク

 
そんな中ででも、学校や仕事などがあれば、
イヤでも、外へ出なければいけませんし・・・

 
主婦の方でも、子供の保育園・幼稚園への
送り迎えや、食料や日用品の買い物などで、
自転車に乗る機会は、多いことでしょう。

 
歩いてるときは、信号待ちの間だけでも
日陰に入って、少しでも日焼けを
避けることが可能なこともありますが、

自転車の場合は、なかなか難しいこともあります。

 
何より、乗ってる間は、ほぼずーっと
日を浴びっぱなしですからね・・・

 

そこで今回は、何かと自転車に乗る機会が
多い方のために、
しておいた方がいい
日焼け対策を紹介していこうと思います。

 

日焼けはお肌の天敵です!

 
シミやそばかすが増えたり、
お肌の老化を早めてしまいます!

そんな悪影響を受けてしまわないように、
しっかり対策していきましょう!

 

bike1

 

やらなきゃまっ黒!?自転車の日焼け対策!

日焼け止めをしっかり塗る

 
これは、自転車に乗るときに限らずですが
外に出る時は、必ず顔用の日焼け止め
塗ってから、メイクをするようにしましょう。

 
そして、顔だけでなく、意外に忘れがちな
首も塗っておくのを忘れないで!

 
首に塗っておけば、顔だけ白くなってしまう
ことも避けられます。

 
もし、ベタベタするのが気になる
という場合は、ストールを首に巻いたりして
日焼けするのを防ぎましょう。

 
日焼け止めは適量を取って、顔の中央から
外側へと向かって塗って、
しっかり伸ばしてください。

 
あまり薄く伸ばすと、ムラ塗りになったり、
効果が出ません。

 
また、適量以上に塗ったからといって
効果も上がるかといえば、
そうでもないようです。

 
なのであくまでも、「ちょうどいい量」で(笑)

 

顔の中でも、特に取れやすい、
おでこや鼻、頬などは、1回塗ってから
またもうひと塗りしましょう。

 

また、日焼け止めは、こまめに塗り直しましょう。

2~3時間おきに塗り直すと、かなり効果的です。

 
特に、汗をかいて落ちやすい鼻周りは、
気づくたびに塗ってもいいくらいです。

 

サングラスや眼鏡をかける

 
bike2

 

紫外線は、目にも悪影響を及ぼしますので、
サングラスをかけて、きちんと目を守りましょう。

 
自転車の場合だと、ほこりや虫が
目に飛び込んでくることもありますので、

紫外線からだけでなく、そういった
意味でも目を守ることができますしね。

 

紫外線は、正面からだけでなく、
横側からも入りますので、

レンズ部分が広く、フレームや耳にかける
横棒(メガネのツル)が太いものがおすすめです。

 
また、真っ黒なサングラスなら、紫外線を
防げるだろう、と思う方が多いですが、

真っ暗な視界だと、瞳孔が開き、
逆に紫外線ウェルカム状態になるので、
UVカット対策として選ぶなら、
薄い色のサングラスがいいようです。

 
詳しいことは、こちらにも書いていますので、
ぜひ参考にしてくださいね。
 ⇒目の日焼け対策!やらないと大変なことになる!?

 

スポンサーリンク

 

帽子をかぶる

 
つばが広いもののほうが、顔に影が
できるので、そういった帽子を、選ぶようにしましょう。

 
ただし、あまりにも広すぎると、
運転の邪魔になりますし、

飛ばないように、ずっと気にしていると、
そっちにばかり、注意がいってしまって危ないので、

  • 風で飛びにくいもの
  • つばが広すぎないもの
  • 頭のサイズに合っているもの

にポイントを置いて選んでください。

 
サンバイザーや、キャップなどがベストかな^^

 

アームカバーで腕を守る

 
自転車に乗っていて、日焼けが気になるのは
顔だけではありません。

 
腕も顔と同じように、紫外線の攻撃をモロに受けます。

 

半そでのときは、二の腕まで守れる
長いアームカバー、七分袖ならショート、
長袖なら手袋、

・・・などのように、服装によって
長さを変えられるように、
いろいろ持っておくと便利です。

 

素材も、暑さ対策として、涼しい布地が
使われているものも、あります。

↓こんな感じですね~

 

長袖、長ズボンは夏は暑いですが、
風を通す涼しい素材の物も売っていますし、

もし転倒した時も、体を守ってくれますので、
できれば、着用したほうがいいでしょう。

 

 

最近は、しっかり紫外線対策をして、
自転車に乗っている人も、見かけますよね!

 
日に焼けるのがイヤ!!

という方は、ぜひ、取り入れてみてくださいね。

 - 肌ケア

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です