知的な日々の過ごし方

結婚式に出席♪服装のマナーは?NGは?

      2016/02/04

友人の結婚式に呼ばれた!

出席するのはいいけれど、
悩むのは何と言っても「服装」ですよね。

 
白は花嫁とかぶるからダメ、
黒も縁起悪いからダメ、

・・・ということはよく言われているけど、
じゃあどんなのだったらいいんだろう?

 
今回は、そんなギモンを解決すべく、
結婚式に出席するときの服装のマナーをご紹介します。

スポンサーリンク

 

結婚式でNGの服装はコレ!

1、白系ドレス

 
これはもう有名ですよね。

 
白は花嫁だけの色なので、着て行ってはいけません。

 
クリーム系や薄いピンクなんかも、
写真の写りによっては、白に見えてしまうので避けましょう。

 
同じように、ボレロなどの羽織るものにも
注意してください。

 
披露宴では、ほとんどが着席しています。

上半身だけ見たとき、白く見えないかどうか
というのもしっかり確認しておきましょう。

 

2、短い丈のドレスや肩出しドレス

 
体の線がはっきり出たり、
肌の露出が高いようなドレスはNG。

 
clothes1

 
主役より目立ってしまいますからね~

 
スカートの丈は膝が隠れるぐらいが良いです。

タイトスカートのようにぴったりしたものは、
体の線が出てしまうので避けましょう。

 

ただ、夜の時間帯の披露宴などは、
露出のあるものでも構いません。

 
胸元、背中、肩が大きく開いている
ノースリーブや、ロング丈のワンピースなど
イブニングドレスが、夜の時間帯の正礼装とされています。

 
しかし、挙式のときは、昼であろうと
夜であろうと露出は避けましょう。

必ず何か羽織るように!

 

3、民族衣装

 
clothes2

 
着物で結婚式に参加する方もいらっしゃいます。

これは、もちろん構いません。

 
新郎新婦から喜ばれることも多いようです。

 
・・・が、着物以外で、他国の民族衣装
着るのは、仮装パーティーのようで
あまり良くありません(^-^;

 
パッと思いつくのは、チャイナドレスとかかな?

可愛いけど、ちょっと浮いてしまうかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

4、リクルートスーツ

 
clothes (2)

 
男性は、黒や紺のスーツを着ていくことが
多いと思いますが、女性の黒服というのは、
男性の場合とは、またちょっと意味合いが異なります。

 
女性の黒い服は、男性よりも、
不祝儀の礼服の意味合いが強く、
避けるべきだといわれています。

 
男性だけでなく、女性までもが
真っ黒なスーツだとちょっと・・・

 
せっかくのお祝いの場ですからね(-_-;)

 

5、ファー素材ドレス

 
毛皮や革素材は、殺生をが思い浮ぶため、
NGだといわれていますが、
これは、不祝儀においてのマナーだという説もあります。

 
それよりも、毛皮の毛やホコリが料理に
ついてしまい、
口の中に入れてしまうかもしれない

という衛生上の問題から避けるべきという
説の方が強いと思います。

 
ドレスだけでなく、羽織りものや靴、
カバンにも使わない方がいいでしょう。

 

ストッキングや靴について

 
clothes (1)

 
また、ストッキングについてですが、
素足や厚手のタイツはNG。

基本的にはベージュのストッキングで。

 
ですが、最近では、黒のストッキングの方も
多くいらっしゃるようです。

 

靴は、つま先の隠れるパンプスを選びましょう。

ブーツはNGです。

 
フォーマルな服装に合わせてはいけません。

 
また、足の甲が見えるタイプのミュール、
サンダルなどは、その露出とカジュアルさで
NGとされています。

 
ヒールの高さは3㎝ほどがベスト。

脚のラインがきれいに美しく見えます。

 
細ヒールを選ぶと、より上品に見えて良いですよ。

 

妊娠中など特別な理由があればいいですが、
そうでないのなら、ヒールのない平たい靴は
避けましょうね。

 

 
ちなみに、男性の服装の場合は、
さきほども少し触れましたが、

ブラックスーツ、紺やグレーのダークスーツ、
白ネクタイと、格式に合わせた礼服で。

 
ビジネススーツやカラータキシードは
NGですので、気をつけましょう。

 
ネクタイは、白銀やグレーでもOK。

最近では、白以外のネクタイを
着用する方もいて、許容範囲が
広がったように思います。

 
ただ、いくら白以外がよくなったとはいえ、
黒はだめです。

黒色は「喪服」を連想させ、結婚式では
縁起が悪いとされていますから。

 

 

以上、結婚式においてNGな服装を
ご紹介しましたが、アレンジ次第では
OKな服装もあります。

 
例えば、「パンツスタイル」。

 
基本的には、ワンピースドレスとされている
結婚式での服装。

 
しかし、最近ではパンツドレスなどの
おしゃれなパンツスタイルも増えてきているようです。

 
パンツスタイルの場合は、華やかな色と
光沢のある生地などを合わせ、

ビジネススーツのような「お仕事モード」とは
また違う、「お祝いモード」を出せるようにしましょう。

 - 結婚式

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です