知的な日々の過ごし方

簡易書留と特定記録郵便の違いとは?どちらを使えばいい?

      2016/11/26

引受と配達の記録が残る、簡易書留。

学校の願書や、仕事で使う大事な書類、
舞台やライブのチケットなどを送るときに役立ちますが、

同じように引受と配達の記録が残せるサービスとして、
「特定記録郵便」というのがありますよね。

 
「同じように記録できるんなら、
別にどっちで出してもいいよね?」

 

なんて思いますが、
実は簡易書留と特定記録郵便、
びみょーに違うところがあるんです。

 
では、その違いって、一体何なのでしょうか?

 
今回は、簡易書留と特定記録郵便の違いについて、
お話していこうと思います!
 

スポンサーリンク


 

簡易書留と特定記録郵便の違いとは?

特定記録郵便

 
以前、「配達記録」というのがありましたが、
2009年に廃止されたことに伴い、
新たなにできたサービスが、特定記録郵便です。

 
郵便を出した時間と、郵便受けに投函するまで
記録が残り、追跡できます。

 
料金は通常の郵便運賃+160円で保証はなし。

 
配達記録の頃は、別途210円が必要だったので、
ちょっと安くなったんですね。

 

発送の際は郵便局へ。

「書留・特定記録郵便物受領証」をもらって、
自分の住所と名前と、相手の名前を記入する必要があります。

 
記入後渡すと、控えがもらえます。

ここにお問い合わせ番号が載りますので、
追跡ができるというわけですね。

 
受け取りはポスト投函なので、
在宅してもらう必要はありませんが、
ポストに入らないぐらい大きければ、対面配達となります。

 
配達は土曜日はしてくれますが、日曜・祝日はありません。

 
プリント

 

簡易書留

 
一般書留よりも、字の通り簡易的な書留です。

 
特定記録郵便と同じように、
郵便を出した郵便局と時間と、
郵便受けに投函された時間の記録
が残り、追跡できます。

 
料金は通常の郵便運賃+310円で、
5万円までの保証がついています。

特定記録郵便より少しお高めですね。

一般書留の+430円よりは安いですが…(^^;

 

発送の際は、郵便局の窓口へ。

ポストに入れると普通郵便扱いになってしまい、
書留として届きません。

 
料金を払ったあとに渡される受領証に、
お問い合わせ番号が載っているので、それで追跡ができます。

 
受け取りは対面なので、サインもしくは印鑑が必要です。

 
不在の際は不在表が入り、荷物は郵便局へ戻ります。

なので、後から再配達の依頼をするか、
郵便局へ取りに行かなければいけません。

 
配達は土曜・日曜・祝日もあります。

 

まとめると、こんな感じですね。

 

088904

【特定記録郵便】

  • 休日配達:土曜はあるが、日曜・祝日はなし
  • 料金:通常の郵便運賃+160円
  • 出し方:郵便局へ出す
  • 受取方法:ポスト投函(入らないものは対面)
  • サインまたは印鑑は必要なし
  • 不在時:ポスト投函
  • 保証:なし
  • 付加できるオプション:速達、配達日指定

【簡易書留】

  • 休日配達:土曜・日曜・祝日あり
  • 料金:通常の郵便運賃+310円
  • 出し方:郵便局へ出す
  • 受取方法:手渡し。サインまたは印鑑が必要
  • 不在時:持ち帰り(不在表が入る)
  • 保証:あり。5万円まで
  • 付加できるオプション:速達、配達日指定

 

スポンサーリンク

 

特定記録郵便と簡易書留の使い分け方

 
特定記録郵便も簡易書留も、
追跡サービスがあるという点では同じなので、
使い分けが難しいですよね^^;

 

「確実に届けたい」

そんな場合は、自分も相手も安心できる簡易書留かなと思います。

 
保証がついているし、手渡しだから確実に相手の手元に届きますからね。

 

「お金がかかるのはちょっと…」

と、確実性よりも値段の安さを取るのなら、特定記録郵便ですね。

 
ただやっぱり、何かあったら怖いので、
保証がついていないことをちゃんと伝えておくといいでしょう。

 


 

以上、簡易書留と特定記録郵便の違いについて、お話しました!

 
料金、配達される日、受取方法、保証ありなし…
と、微妙に細かく違います。

 
中でも、160円と310円というのは、結構おっきいですよね。

 
自分が何を一番重視するのか?

それを基準に、上手く使い分けていただければと思います^^

 
~~おまけ~~

今回お話は、簡易書留と特定記録郵便の違いでしたが、
よく似た関係の「簡易書留」と「一般書留」の違いについて、
こちらにまとめてみました。
>>簡易書留と一般書留の違いは?使い方は?
よかったら、合わせて読んでみてください♪

 

 

 - 郵便

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です