知的な日々の過ごし方

郵便局留めにしたい!書き方と受け取り方!

      2016/12/16

オークションやメルカリなどの
フリマアプリで商品を買った場合、

全く会ったことのない相手に、自分の住所が
知られてしまう
のは、ちょっと不安ですよね。

 
今の時代、どこで個人情報が漏れるかわかりませんし。

 
そんなときに使えるのが『郵便局留め』。

 

これを利用すれば、住所を知らせずに、
安心して受け取ることができるんです!

 
では郵便局留めって、どう使えばいいのでしょうか?

  • 申し込み方は?
  • 送り方は?

 
今回は、郵便局留めについて、送り方や受け取り方など、
その利用方法を
詳しく紹介していきます!
 

スポンサーリンク


 

郵便局留めとは?

 
通常、自分宛の郵便物というのは、自宅に届きますよね。

 
自宅を空けることが多いからと、
勤め先で受け取るようにしているという人もいます。

 
それらをせず、郵便局内に留め置きにし、
後で自分で、郵便物を窓口へ取りに行く
のが、
「郵便局留め」というサービスです。

 
私書箱も似たようなサービスですが、
郵便局留めは、登録や申し込みは不要で、
誰でも簡単に、無料ですぐ利用することができます。

 

局留めは、定形・定形外の郵便、はがき、
書留類、ゆうパック、レターパック、ゆうメールなど・・・

普通の郵便物ならどれでもできます。

 
ただし、チルドゆうパック(保冷郵便)はできません。

 
指定する郵便局は、全国どこでも構いません。

 
自宅の近所や勤め先の近くにして、
帰りに取りに行けるようにしたり、

旅行などで長く家を空けるときに、
長期旅行先の近くにすることもできます。

 

郵便局留めのメリットは?

 
arrow 全国どこの郵便局でも指定できる

自宅を留守にすることが多い、
時間指定の荷物をなかなか受け取れないという場合は、

自分が受け取りやすい郵便局に指定すれば、
好きなときに取りに行けます。

 
また、長期旅行に出るときでも、
旅行先の郵便局を指定しておけば、
自宅にいなくても受け取ることができます。

 

arrow 一緒に住む家族、親族に知られることがない

家族に受け取られたくない、
知られたくないときに便利です。

 

arrow 相手に住所を知られずにすむ

オークションなどで商品を送る場合、
個人情報の漏れを防げます。

 

arrow 盗難を防げる

ポストに投函されると、
誰かに抜き取られることもありえますが、
局留めであれば、その心配はありません。

 
letterbox

 

郵便局留めのデメリットは?

 
arrow 荷物が届いたという通知は来ない

自分で郵便局に電話して、
荷物の確認をすることはできますが、
「届きましたよー」と郵便局から連絡は来ません。

 
そのため、自分でタイミングを見て行く必要があります。

 
郵便局に荷物が届いてからの保管期間は、10日間。

 
それを過ぎて、延長の申し出がなければ、
差出人の元へ戻ってしまいます。

 
再発送にはまた送料がかかるので、注意が必要です。

 

arrow 代理受取不可

身分証明書を提示し、
本人であると確認してからの受取になるので、
本人以外が荷物を受け取ることはできません。

 
ただし、委任状があれば受け取れます。

 

arrow 日本郵便以外は利用できない

散々「郵便局留め」と言っているので、
お分かりかとは思いますが(笑)、
郵便局留めは日本郵便のサービスです。

 
ヤマトや佐川急便、西濃運輸など、
日本郵便以外のものは局留めにはできません。
 

スポンサーリンク

 

郵便局留めの送り方・出し方

 
通常は、相手の住所と郵便番号、名前を書きますが、

郵便局留めの場合は、
受け取りたい郵便局の住所と名前、
相手の名前、電話番号
を書きます。

 
受け取りたい郵便局の住所と名前のあとには、
必ず「留め」と書くようにしてください。

 
ちなみに、特別なラベルなどがあるわけではないので、
ゆうパックやレターパックの伝票を
そのまま使うことができますよ。

 
例:「大阪郵便局留め」「新宿郵便局留め」

 
相手の名前は必ず本名で。

電話番号は携帯電話でも構いません。

 

用意ができたら、あとは郵便局の窓口へ出すか、
ポストに投函するだけ。

 
ここは、普通に郵便を出すときと同じですね^^

 
office

 

郵便局留めの受け取り方

 
受け取る際には、免許証や保険証などの
身分証明書と、印鑑が必要になります。

 
窓口へ行き、身分証明書を見せて
「この名前あてに局留めの荷物が届いていませんか?」
と、尋ねましょう。

 
届いていたら、奥から荷物を出してきてくれます。

 
品名や差出人の名前は伝えなくても大丈夫ですが、
物の種類(ゆうパック、レターパック、代引きなど)
を伝えるとスムーズです。

 
そのあと、荷物の伝票部分を見せてくれるので、
自分宛の荷物かどうかをしっかり確認しましょう。

 
そして身分証明書と宛名が合ってるかどうか確認してもらい、
受領書に印鑑を押せば、受取完了です。

 
代引きの場合は代金、
着払いの場合は送料をそれぞれここでを支払います。

 

 

以上、郵便局留めについてその使い方を紹介しました!

 
届いてもお知らせがなかったり、
受け取るのに身分証明書が必要だったりと、

ちょっと不便なところもありますが、
便利なサービスには、必ずそういう部分があるもの。

 
でもサービス自体は無料だし、申し込みもしなくていいし、
お手軽にできるので、

オークションなどをよく利用される方はする場合は
ぜひ活用してみて下さい!

 

 - 郵便

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Comment

  1. 田辺輝幸 より:

    私はもうじき私の住む家がなくなるので転居先が不在ですので郵便局留めを希望します

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です