知的な日々の過ごし方

年収とは?どの数字のこと?計算方法は?

      2016/02/25

転職するとき、家を借りるとき、
カードを作るときになどに、
年収を尋ねられること、ありますよね。

 
でも年収って、一体どのことを言うんでしょう?

 

スポンサーリンク

 

手取りのこと?
ボーナスも含むの?

 
今回は、年収について、その定義や
計算方法などを、
詳しく調べてみました。

 

年収とは?

 
会社からお給料が入るとき、
社会保険料や税金などが引かれますよね。

 
年収とは・・・

point

社会保険料や税金などが引かれる前の、
総支給額を言います。

 

例えば、毎月お給料として、
20万円、銀行に振り込まれているとします。

 
20万円×12ヶ月(1年)=240万円が年収、
と考えがちですが、そういうわけではありません。

 
salary

 

この20万というのは、社会保険料や
税金が引かれたあとの金額
だからです。

 
年収の金額には、ボーナスも含まれ、そのほかにも、

  • 役職手当
  • 通勤手当
  • 残業手当

など、会社から支払われる金額、すべてを含めます。

 
手当が充実しているところは、
年収も、意外に!?大きいと言えるでしょう。

 
あと、給与にプラス支給される交通費が
月10万円以上である場合も、年収に含まれます。

 

逆に、年収に含まれないのは、
制服などの貸与、支給される交通費が
月10万円以内の場合、

社内の規定に基づいて支払われる
お見舞金や祝い金などです。

 

自分の年収を把握するには、
源泉徴収票の『支払い金額』という欄の
金額を見ればわかります。

 
会社にお勤めの方は、毎年12月~1月に
必ず受け取っていると思いますので、見てみましょう。

 
ちなみに源泉徴収票では、年収のほかに、
「所得」や「手取り」などもわかります。

 
手取りとは、総支給額から社会保険料や
税金が差し引かれ、銀行に振り込まれた
金額(実際に自分が手にすることのできるお金の額)
のことです。

 
●総支給額-社会保険料や税金=手取り

 
先ほど挙げた例で言うならば、
20万円が「手取り」になるわけですが、
毎月、実際に手にする金額ですから、

手取り額がわからない~という人は、いないでしょう^^

 

スポンサーリンク

 

年収の計算方法

 
「源泉徴収票」を見れば、年収は、
一目瞭然なのですが、1年に1度もらうもの、
手元にない場合もあります。

 
そんなときは、毎月の給料明細書から、
おおよその年収を計算できます。

 

1か月の総支給額×12+ボーナス支給額=おおよその年収

 
ただし、あくまでも概算です。

 
正確な年収は、源泉徴収票を見てくださいね!

 

 

以上、年収の定義や計算方法を紹介しました。

 
給料明細や、源泉徴収票を改めて、
じっくり見てみると・・・

わかってはいたことですが、
何やかんやと取られているものなんですね。

世知辛い世の中です・・・(笑)

 - 豆知識

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です