知的な日々の過ごし方

サウナの効果的な入り方!目的別にご紹介!

      2016/02/05

最近、温泉やスポーツジム、プールなどの
施設に、サウナがあるところ
増えてきましたね。

 
終わった後は、必ずサウナに入る
という人も多いですが、一方で、

あのドアを開けた瞬間のモアッとくる
感じが苦手で、入れないという人もいます。

 
しかし、サウナがもたらす効果というのは、
ストレス解消や疲労回復、美肌効果、
心臓機能の向上など、どれも
素晴らしいものばかりなんですよ!

 

スポンサーリンク

 

今回は、サウナがちょっと苦手な人が
入る気分になれるような、サウナの効果的な
入り方
を紹介したいと思いますので、

ぜひだまされたと思って(笑)、試してみませんか?

 

サウナに入る前に注意すること!

 
サウナを効果的に入るためには、
入る前に、注意しておきたいことがあります。

 
arrow お酒を飲んでからのサウナは避ける

お酒を飲んだあと、突然、体が
びっくりするような刺激を与えることは、
血管などに負担がかかってしまい、よくありません。

 
お酒を飲んでからのサウナは止めましょう。

 

arrow 満腹状態でのサウナは避ける

軽い食事ならいいですが、
がっつり昼や夜ご飯を食べたあとは、
消化するために胃腸などの消化器系へ、血液が集中します。

 
こういった状態でサウナに入ると、
逆流性食道炎などの遠因にもなりかねず、
また、気持ち的にも、あまり快適ではありません。

 
ご飯を食べたあとに入りたいなら、
1~2時間ほど十分に休んでからにしましょう。

 

arrow 疲れているときのサウナは避ける

ハードな仕事のあと、激しくスポーツを
したあとなど、かなり体疲れているときは、

まずは、イスに座って30分ほど休憩してみて、
それでも、まだ疲れが取れないなら、
サウナは避けたほうがいいでしょう。

 
疲れた状態のままサウナに入っても、
体へ負担がかかるし、快適な気分にはならないからです。

 
以上、注意したうえで、次は効果的な
サウナの入り方を紹介しましょう!

 

スポンサーリンク

 

効果的なサウナの入り方は?

 
サウナの入浴時間は、10~15分ぐらいが
目安ですが、自分に合った入浴時間
見つけていきましょう。

 
長時間の入浴は疲労がたまり、逆効果です。

 
入り方としては、

  • サウナに入ってリラックスしたい
  • とにかく汗をかきたい
  • 肩こりをラクにしたい

など、自分の目的に合わせた入浴法をすることが大切!

 
なのでその目的別に、入浴方法を紹介していきますね。

 

眠れないのを何とかしたい、ストレスを解消したい

 
sauna

 
70度ぐらいの低い温度のサウナがピッタリです。

 
低い温度だと緊張を解いたり、
神経を鎮めてくれる効果があります。

 
また、低い温度のサウナに入ることで
毛穴が開くので、汗が老廃物を含んで、
流れ出てくれるので、美肌効果も期待できます(^^♪

 

肩こりや腰痛などの、神経や感覚的な疲れを取りたい

 
90度~100度の、熱めの温度のサウナに入りましょう。

 
10分ぐらいサッと短時間入ると、
皮膚が適度に刺激されるので、
神経を調節する力が高まります。

 
そうすると、神経や感覚的な疲れを、
回復させることができるので、
肩こりや腰痛などを抑える効果が期待できますよ。

 

仕事やスポーツなどによる肉体的疲労を取りたい

 
リラックスしたいなら、90度ぐらいの
サウナに入ったあと、
冷水シャワーか水風呂に入りましょう。

(※水風呂の入り方は後述)

 
そしてこれを、もう1回繰り返してください。

 
生理機能の向上や、自律神経の働きをよくし、
疲労回復へとつながります。

 

とにかくひたすら汗をかきたい

 
90~100度のサウナに入ったあと、
1回外に出て、汗をひかせ、
ひいたらまたサウナへ入ります。

 
サウナから出たあと、冷水シャワーや
水風呂などに入って、冷やさないのがポイントです。

 
汗を流せば流すほど、その分体重も減ります。

 

水風呂の入り方

 
サウナから出て水風呂に入るときは、
いきなり浸かるのではなく、まずは
足や手先、腕のほうから、ゆっくり水をかけます。

 
それから心臓へかけ、最後に頭や顔にかけて、
しっかり汗を洗い落としてから、
静かに水風呂に浸かりましょう。

 
たまに、気持ちいいからと潜る人がいますが、
自分ひとりで水風呂に入っているわけではないので、
あまりしないほうがいいかもですね(^-^;

 

 

以上、サウナに効果的に入るための方法を
紹介しました!

 
サウナが苦手だという人も、これらの方法で、
たぶん1度でも入れば、きっと好きに
なれると思うので、一歩、勇気を出してみましょう!

 
入浴前とあとの水分補給も、忘れずに行ってくださいね♪

 - 改善

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です