知的な日々の過ごし方

おみくじを結ぶ意味とは?持って帰ってもいい?

      2016/11/30

お正月。

神社やお寺へ行って、お参りをして、
そのあと、おみくじをひいて、その年の運勢を見る・・・

お決まりの流れですよね!?

 
おみくじは引いたあと、木に結ぶことが
多いと思いますが、おみくじって、
「結ぶ派」と「持って帰る派」がいたりしますよね。

 

スポンサーリンク

 

  • 悪い結果のおみくじは結んで、
    いい結果のおみくじは持って帰る
  • どっちであっても持って帰る

どれが正しいんでしょう?

 
そもそも、どうしておみくじって
木に結ぶんでしょう?

何か意味があるのでしょうか?

 
そこで今回は、おみくじを結ぶ意味、
そして引いたあとの処理の仕方
など、

知られていないことが多い、
おみくじの秘密に迫っていこうと思います!

 

おみくじについて

 
おみくじは平安時代、良源という
天台宗延暦寺の高僧だった方が始めた
「元三大師みくじ」が起源だとされています。

 
昔、占いのひとつだったおみくじは、
神の意向をうかがうための、
厳粛な儀式であったそうで、

政(まつりごと)や後継者を選ぶときの
判断に使われていました。

 
現在、おみくじは、7段階に
分かれているものと、
12段階に分かれているものがあります。

 

7段階の場合は、いいものから順に

  1. 大吉
  2. 中吉
  3. 小吉
  4. 末吉
  5. 大凶

 

12段階の場合は、いいものから順に

  1. 大吉
  2. 中吉
  3. 小吉
  4. 半吉
  5. 小吉
  6. 末小吉
  7. 小凶
  8. 半凶
  9. 末凶
  10. 大凶

 
となっています。

 
ただし、神社やお寺によっては、
凶より下はない、という場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

おみくじはなぜ結ぶのか?

 
おみくじを引いたあと結ぶ理由は、以下3つです。

 

088904

  1. 悪い結果を家に持ち帰らないため
  2. 神様や仏様との縁結び
  3. 木の力をお借りするため

 

1つずつ、詳しく説明していきますね。

 

おみくじを結ぶ理由1

 
凶などの悪い結果が出てしまったときは、
「神社に結んでご加護を願う」
というのが、一般的な考えで、

いい結果の場合は、持って帰ります。

 
木に結ぶときは、好き勝手に結ぶのではなく、
きちんと場所を守りましょう。

 

おみくじを結ぶ理由2

 
2については、そのままの通り。

おみくじを結ぶ=神様や仏様と
の縁を結ぶ
という意味なんですね。

 
mikuji

 

おみくじを結ぶ理由3

 
最後に3について。

 
もともと木は、神様と深い関わりがあり、
強い生命力を持っていると言われています。

 
木に結ぶ=木の力をお借りするということで、
「生命力にあやかって、願いごとが
しっかり結ばれますように」という
願いを込めた、という説もあります。

 

引いたおみくじのその後は?

 
悪い結果の場合は結んで帰り、
いい結果の場合は、持って帰るとお伝えしましたが、

その一方で、「引いたおみくじは、
結果に関係なく、結ばず
持って帰ったほうがいい」という意見もあります。

 
これは、決して間違っているわけではありません。

 

arrow 結ぶことを禁止にしているところも!

神社やお寺によっては、
「ごみが発生するから」
「木の成長に悪い影響を与えるから」

という理由から、看板などを出して、
持って帰るよう促しているところもあります。

 
そういったところでは、
「良い結果であっても、
悪い結果であっても、

その助言を大切に心に留め、
結果を戒めることが大事」と諭しています。

 
なので、そういう神社やお寺では、
ご加護を得るために持って帰って、

財布や手帳に入れて、おみくじを
なくさないようにする、という感じで
いいのではないかと思います。

 
mikuji2

 

arrow 悪い結果であっても・・・

おみくじを引いて、大凶なんかだと、
持って帰るのは何となく嫌だし、
何か気持ちも落ちる・・・

気持ちはわかりますが、
落ち込むことはありません。

 
大凶は、それ以上下がることがない、
つまりあとは上っていくだけ。

だから実はいい運勢!
という考え方ができますからね。

 
逆に、大吉を引いた場合は、
「今はよくても、これから下がっていく
可能性がある」

という考え方もできるので、
よかったからといっておごらず、
油断せず、ということですね。

 

 

おみくじの話、いかがだったでしょうか?

 
おみくじを結ぶのに、そんな意味が
あったとは、何とも奥深いですねー。

 
ちなみに、持って帰ったおみくじを
手放すときは、神社やお寺にお返ししましょうね。

 
そのときは「貴重なお言葉を
ありがとうございました」
と、
お礼の気持ちを込めることを忘れずに(^^♪

 - お正月

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です