知的な日々の過ごし方

11月3日!文化の日の由来は?

      2016/01/16

いきなりですが、文化の日って、
何の日か知っていますか??

 
11月3日の文化の日は、
昔からある祝日にもかかわらず、

ちょっと抽象的というか、
名前からは、何の日か想像しにくい
祝日ですよね・・・。

 

スポンサーリンク

 

恥ずかしながら私は、最近まで
文化の日がどんな意味を持つのか、

どういう日だったのか、
全然知りませんでした・・・。

 
そこで、私のような人が
日本には少なくないはず!!
と勝手に思って・・・(;・∀・)

今回はこの、
文化の日ってどんな日?由来は?
ということを中心に、お話したいと思います!

 

文化の日って、どんな日?

 
さっそく、文化の日とはどんな日なのか
お話していきます。

 
まず、11月3日の文化の日は
1948年(昭和23年)に作られた
「祝日法」で定められた祝日なんです。

 
祝日法によると、
この11月3日の文化の日は、

「自由と平和を愛し、文化をすすめること」

 
という趣旨があるんですって!

 

113

 

・・・う~ん

ちょっと内容としても、わかりづらいですよね。

 

11月3日は、何があった日なのかというと、

実は、「日本国憲法が公布された日」
なんです。

 
日本国憲法は1946年(昭和21年)11月3日に
公布されたんです。

 
この日本国憲法が、
平和と文化を重視した内容であることから、
文化の日、という名前になり、

さきほどの
「自由と平和を愛し、文化をすすめること」
という趣旨になったというわけなんです。

 

ちなみに、「公布」というのは、
国会などで可決されたり、制定されてから、

一般市民がその内容について
知ることのできる状態にすること、です。

 
簡単に言うと、
お知らせ、というイメージですね。

 
公布された法律や条例が効力を持つのは、
公布の後に「施行」されたとき、
ということになります。

 
公布より、施行された日を
文化の日にしたらいいのに・・・
って思ったりもしませんか??

 
ですが・・・

施行された日も、祝日になっているんです!

 

それは、5月3日の「憲法記念日」です。

 
GW中のこの祝日が、
日本国憲法が施行された日なんです!

 
文化の日と憲法記念日に
こんな関連があったんですね~。

 

スポンサーリンク

 

文化の日になる前から11月3日は休日だった!?

 
祝日法が定められたときに
文化の日が祝日となった、
と言いましたが、

実は祝日法が作られる前から
11月3日は、休日だったようです。

 
それは、11月3日が
明治天皇の誕生日だったからなんです。

 
今でも、天皇誕生日は祝日になっていますよね!?

 
今では、天皇誕生日と呼びますが、
以前は、天長節と呼ばれていて、

天皇の誕生日を休日にするという法律は
奈良時代から続いているんですって!

 
ちょっと話がそれましたが・・・

 
つまり、11月3日は
文化の日になる以前から
明治天皇の誕生日のため休日だった、
というわけなんです。

 

明治天皇の誕生日と
日本国憲法公布の日が一緒とは・・・

なんだか偶然に思えないような気もしますね。

 
この辺りのことは
はっきりしたことは分かりませんが、

当時の政治家が、あえてこの日に公布した
とも言われているようです。

 
113-2

 

文化の日には何が行われる??

 
日本の文化をすすめる、文化の日。

この日の、大きなイベントの1つに
文化勲章の親授式があります。

 
ノーベル賞を受賞された方々だけでなく、
小説家や映画監督など、

日本の技術や、芸術の発展、向上に
大きな成果を残された方々に
授与されるものです。

 
そのほか、もっと身近なことであれば、
美術館や博物館などが、
無料で公開されていたり、

さまざまなイベントが行われていたりしますよ。

 
美術館や博物館はあまり興味がない・・・
なんて人でも、

文化の日には子どもから大人まで
気になるイベントが、各地であるようです。

 
○○科学館、○○ミュージアムという名前の
施設でも、イベントが行われているようですので、
ぜひ検索してみてください!!

 
学校や地域の文化祭が行われている
ところも多いようですので、
こちらも楽しめそうなイベントですね。

 

 

文化の日の由来について
お話ししてきましたが、いかがでしたか??

 
そういえば、私の住んでいる所でも
地域の文化祭がありますが、

文化の日にやっているとは・・・
恥ずかしながら意識していなかったです。

 
もしかして、あなたのご近所でも
文化の日のイベントが、たくさんあるかもしれません。

 
今年はぜひ、たくさんのイベントに参加して
日本の文化を感じてくださいね!

 -

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です