知的な日々の過ごし方

栗の栄養とは?甘栗も同じ?

      2016/02/08

秋の味覚として代表的な「栗」。

栗のスイーツ(モンブランなど)なんかも
おいしいし、甘栗も大好きです♪

 
そんな、秋を感じることができる栗は、
ただ単に、おいしいだけが魅力ではありません。

 

スポンサーリンク

 

実は意外と知られていませんが、栄養素が豊富!

美容や健康に効果的なもの
たくさん詰まっているんです!

 
栗といえば、手軽に買えるものとして、
糖液を入れて蒸して焼いた「甘栗」がありますが、

蒸し焼きにしてしまうと、
その栄養素はどうなるのでしょうか?

 
消えてしまう?

それとも、普通の栗とはまた違う
栄養素が含まれていたりする?

 
ここではそんなギモンにお答えすべく、
栗の栄養と効果、
そして甘栗との栄養の違い
を見ていきます!

 

栗の栄養・効果とは?

 
chestnut (2)

 

栗は、少ない量ではありますが、
カロリーは高めであるため、

エネルギーの補給がしやすく、
そしてたくさんの栄養素が含まれており、
1個食べるだけで、さまざまな効果が期待できます。

 

arrow ビタミンB1

栗に1番多く含まれている栄養素がコレ!

代謝を活発にしたり、疲れを取って
疲れにくい体を作ったりしてくれますよ。

 

arrow カリウム

体内にある余分な水分や塩分を
体外へ出してくれるので、

動脈硬化や高血圧の防止、むくみの予防に
効果がありますよ。

 

arrow ビタミンC

ビタミンCというと、みかんなどの
柑橘系に含まれているようなイメージですが、
実は栗にも含まれています。

お肌の調子を整えてくれたり、
ストレスを和らげてくれたり、
他にも風邪の予防になったり、

鉄分の吸収を促してくれることから、
鉄分と一緒に摂ると貧血の予防にもなりますよ。

 

arrow 亜鉛

現代人に不足していると言われている栄養素。

お肌の荒れや、抜け毛などの症状を予防します。

 

arrow タンニン

渋皮に含まれるので、
渋皮煮などで摂ることができる栄養素。

抗酸化作用があり、ガンや老化の予防に力を発揮します。

また、お風呂に入るときに渋皮を入れると、
アトピー改善にもなります。

 
chestnut (1)

 
arrow 食物繊維

腸の働きをよくしてくれ、
環境を整えてくれるので、
便秘の解消へと繋がります。

量としては、サツマイモより多く
含まれているようですよ。

 

arrow 葉酸(ようさん)

妊娠を希望している、もしくは
妊娠初期や妊婦の方が、しっかり摂りたい栄養素。

血液をたくさん作ってくれるので、
貧血の防止になります。

あとは、口の中の粘膜を強くしてくれます。

 

arrow ペクチン

腸の中の善玉菌を増やし、
腸の調子を整えてくれます。

また、血糖値の上昇を抑えてくれるので、
コレステロール値を下げたり、
糖尿病の予防にもなりますよ。

 

ちなみに栗は、分類としては
「ナッツ類」になるのですが、

アーモンドなどと比べると、脂肪分が少なく、
ナッツ類の中では、とても低カロリーなんですよ◎

 

それにしても、栄養が豊富ですねー。

これらのことを踏まえて考えると、栗は、

  • 美容や健康に気をつけている方
  • 便秘が気になっている方
  • お肌の調子があまりよくない方
  • 血圧が気になる方
  • ストレスを溜めている方

などにオススメしたいものといえます。

 

また、栄養が豊富で、脂肪分が少ない
ということから、ダイエットをしている方の
お菓子にも向いています。

 
痩せたいからと、甘いものを控えていても、
食べたくなるときはあると思うので、
そういうときは、ぜひ栗を。

 
ただし、食べすぎはダメなので、
2個ぐらいまでですかね~(-_-;)

 

スポンサーリンク

 

栗と甘栗との違いは?

 
栄養素としては、葉酸とマンガンが、
特に多く含まれるぐらいで、

ほかは、栗と同じでビタミン系、食物繊維、
亜鉛などが含まれています。

 
違うところといえば、カロリーですね。

 
栗は100gにつき167kcalですが、
甘栗は、同じ100gでも225kcalもあります。

 
甘くておいしいからといって、
パクパク食べると、
とんでもないことになりそうです。

 
なので、カロリーが気になるけど
栗を食べたい!ってときは、
栗ごはんがおすすめです。

 
栗が入る分、ご飯そのものの量が少なくなるので^^

 

 

いかがだったでしょうか?

あなたのギモン、解決できましたか?

 
栗は高カロリーではありますが、
決して悪い食べ物ではないことがわかったので、

数に気をつけながらも
積極的に摂っていきたいですね(^^♪

 - 栄養

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です