知的な日々の過ごし方

大阪でお花見!クルーズ船で楽しむならココ!?2017年版

      2017/04/09

日も長くなり、いよいよ春らしくなってきましたね。

 
春といえば、桜・・・
つまりは、お花見の季節!

 
どこかの公園だったり、広場だったり、お城に登って見下ろしたり・・・

お花見には、いろんな形があり、どれも十分に楽しめます。

 
ですが、それらはすべて地上でのこと。

地上以外でも、お花見を楽しむことはできるんです。

スポンサーリンク

 

え?地上以外ってどういうこと?

 

答えは簡単。

「水上」です。

船に乗って、桜を楽しむんです!

 

船に乗りながらのお花見と言うのは、何とも優雅なものです。

 

自分が歩くわけじゃないので、疲れないし、ゆっくりと時間が進むような感じがして、とてものんびり、観賞することができます。

 
お花見で楽しめるクルーズといえば、やはり強いのは、水の都とも呼ばれる大阪です。

 
そこで今回は、大阪の大川で、お花見の時期に楽しめるクルーズを、2つ、ご紹介していこうと思います^^

 

cruise

 

大川さくらクルーズ

 
大阪の真ん中で楽しめる、「大川さくらクルーズ」。

 
往復3kmのコースでは、両岸合わせて、4,700本の桜を楽しむことができます!!

 
飲食の持ち込みは、OKなので、おいしいものを食べながら、お花見なんて素敵かも(*^^*)

 
雰囲気は、こんな感じです。

 

 

出発地点は、「八軒屋浜船着場」という船着場。

 
天満橋をくぐってしばらくすると、「川崎橋」という橋に到着します。

 
この橋をくぐると、川がカーブしているため、だんだんと、桜たちが広がって見えてきて、クルーズならではの風景が楽しめます。

 
左を見ても、右を見ても、キレイに咲き誇る桜を見ているうちに、船はOAP港に到着。

 
OAPとは、大阪アメニティパークという複合施設のことで、となりには帝国ホテルがあります。

 
このホテルからのお客さんを乗せた後は、中ノ島剣先へ。

 
中ノ島剣先とは、大川を堂島川と土佐堀川の2つに分ける、とがった島のことで、とがっていることから「剣先」と呼ばれています。

 
ここには、噴水が設置されており、毎時0分と30分に上がるので、タイミングよく見れたらラッキー♪

 
その後は、再び、八軒屋浜船着場まで戻ります。

 
およそ25分のクルーズです。

 

【大川さくらクルーズ詳細】

  • 開催日   2017年3月25日(土)~
       造幣局「桜の通り抜け」開催期間の最終日まで
       ※3月25日(土)のみ14時~19時
  • 乗り場   八軒家浜船着場
  • 出航時間  10時~19時(10~30分間隔で運航)
  • 料金    大人 1200円、子供 600円
       大人1人につき、幼児1名まで無料。
  • チケット販売 天満橋駅17番出口・水上バスチケット売り場
  • お問い合わせ 大阪シティクルーズ推進協議会 06-6942-0555

 
基本的に雨天決行ですが、強風・大雨の場合は中止になることもあります。

 

船には、お手洗いはありませんので、必ず乗る前に、すませておきましょう。

 
特に、お子さんを連れて来られる方は気をつけて下さいね。

 
また、屋根のない船ですので、紫外線対策はしっかりと(^^ゞ

 

スポンサーリンク

 

大阪水上バス アクアライナー

 
アクアライナーとは、大阪市の中心にある大川を遊覧する水上バスのこと。

 
こちらは、屋根のある、こんな船になります。

 

 

季節ごとに、イベントクルーズが開催されているので、お花見の時期に限らず、大阪観光の一貫としても楽しめます。

 
この水上バスに乗ると、

  • 大阪城港
  • 八軒家浜船着場
  • 淀屋橋港
  • OAP港乗り場

を周遊することができます。

 
所要時間は、1時間ほど。

大阪の桜の名所と言われる、大阪城、桜ノ宮公園、中之島公園などの桜を見ることができます。

 

【大阪水上バス アクアライナー詳細】

  • 運行日   不定休(3・4月は無休です)
  • 乗り場   大阪城港、八軒家浜船着場、淀屋橋港、OAP港の4つ
  • 時間    10:00~ 1時間ごと
  • 料金    大人 1700円  こども(小学生)850円
    ※春期特別期間(3月28日~4月15日)は大人2,000円・こども(小学生)1,000円
  • お問い合わせ 大阪水上バス予約センター 0570-03-5551

 

ふだんは、予約が可能ですが、春期のみ、予約不可です。
(15名以上の団体はOK)

 
大川さくらクルーズと違うのは、船内にお手洗いがついていること。

 
そして、売店もあるため、わざわざ持ち込まなくてもいいということ。

 
だから、大川さくらクルーズよりちょっとお高めなんでしょうね(笑)

 

いかがでしたか?

大阪の2大さくらクルージングを紹介しました。

食べ物のおいしい大阪ってイメージも、もちろんありますが、大阪は「水の都」としても名高い街なんです。

 
桜の季節なら、寒くもなく、お天気のいい日は気持ちいい大阪クルーズが楽しめますので、是非是非いらしてください!

 -

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です