知的な日々の過ごし方

会席料理の順番は?意味は?食べ方は?

      2016/02/08

会席料理のお店に行くことになった!

たしか、料理は順番に出てくるんだったよね!?

どんな順番で出てくるんだろう・・・

 
なんて、気になっているところですか?

 
どんな風に出てきても、まっ、
出てきた順番に、お料理をいただくだけなんですけど・・・

でも、順番を知っていれば、余裕をもって、
食事をすることもできますよね!

 
そこで、今回は、会席料理の順番
勉強してみましょう!

スポンサーリンク

 

会席料理の順番はコレ!

お店によって、すこし順番が違ったり、
省略されるものもあるかと思いますが、
およそ、次の流れが一般的ですので、見ていきましょう!

 

  1. 先付
  2. 吸い物
  3. 向付
  4. 煮物
  5. 焼き物
  6. 揚げ物
  7. 蒸し物
  8. ご飯
  9. 水物

 

1、先付

kaiseki3

 
和食でも、最初は前菜から始まります。

「お通し」や「突き出し」と呼ばれることも
ありますね。

 
季節の趣向が考えられていて、見た目にも
楽しめる、美しい盛りつけがされていることも多いので、

グチャグチャに壊してしまわないように
気をつけて、味わってくださいね^^

 
豆類や田楽など、くしに刺さっているものは
くしを回しながら外して、いただきます。

また、汁気が多く、小鉢に入ったものは、
小鉢を手にもってもOKです。

 
ちなみに、ここから、ご飯が出るまでの
料理は、お酒と一緒にいただくのが、一般的です。

 

スポンサーリンク

 

2、吸い物

 
先付やお酒のあとの、お口直しに出される
お吸い物です。

 
口の中をリセットする意味があるので、
少し薄めの味つけにされていることも!

 
おわんのふたは、しずくを垂らさないように
気をつけて開けたら、おわんの右側に置き、
食べ終えたら、元通りに閉めてくださいね。

 

3、向付

kaiseki5

 
メイン料理の1つで、お刺身が出される
場合が多いですね。

 
お刺身にも、しょう油やワサビの使い方など
マナーがありますので、ぜひ、こちらに
目を通してみてくださいね。

 ⇒お刺身の食べ方!正しいマナーは?NGは?

 

4、煮物

kaiseki2

 
季節のお野菜や、旬の素材を使った煮物は、
「たき合わせ」と言われることもあります。

 
大きなものは、食べやすい大きさにしてから
いただきましょう。

お箸を突き刺して食べたり、かじったものを
器に戻すのは、マナー違反に当たります。

 
また、汁気のあるものは、具と一緒に
汁をいただいてもかまいません。

 

5、焼き物

kaiseki1

 
季節の魚やエビなどが出されることが多いです。

お肉料理のこともありますが・・・

 
尾頭つきの魚の場合は、裏返さないように
いただいてくださいね!

表側を食べ終えたら、中骨を取ってお皿の
向こう側に置き、
あとの半身をいただきましょう。

 
左手を使って骨を取ってもOKです^^

 

6、揚げ物

kaiseki4

 
天ぷらなど、油で揚げた料理です。

 
盛りつけを崩さないように、手前から
順番にいただきましょう。

 
つゆの入った小鉢は、手にもって食べると
汁をこぼさずに、いただくことができますね(^^♪

 

7、蒸し物

kaiseki6

 
茶碗蒸しやかぶら瓶蒸しなど、蒸した料理です。

 
ふたがあれば、しずくを垂らさないように
注意して開け、器の右側に置きましょう。

 

8、ご飯

 
香の物(漬物)、みそ汁と一緒に出されます。

 
ご飯のお茶わんも、みそ汁のおわんも、
手に持って、いただいてくださいね。

 

9、水物

 
食事のあとの果物のことです。

 

 

以上が、ひと通りのお食事の流れになります。

おなかも舌も、目も楽しませてくれる料理、
ぜひ、楽しんでくださいね(^^♪

 - 食事

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です