知的な日々の過ごし方

札幌雪まつりに行くなら!失敗しない服装とは?

      2016/02/04

初めての雪まつり♪

防寒対策はしていくつもりだけど、
具体的にはどうしていけばいいんだろう・・・

 
そんな風に悩む方も、多いのではないでしょうか。

 
北海道は、本州よりも冬の訪れが早く、
10月末ぐらいから、グッと寒くなります。

ですが、雪まつりが開催される2月は
その時期の寒さを、はるかに上回るんですΣ(゚Д゚)///

 
ものすごく寒いです。

吹雪く日だってあります!

 
道外から来られる方にとっては、想像以上に
堪える寒さだと思います。

 
雪まつりは、外を長い時間ずっと歩くので、
防寒対策は必須!!

 
せっかく遠くから見に来たのに、
寒さに耐えれず、見るのをあきらめた・・・

なんてことにならないように、
雪まつりに適した服装などをご紹介しますね。

スポンサーリンク

 

雪まつりに行くときの服装や持ち物

 
arrow カバンについて

両手がフリーになるリュックが、絶対におすすめです。

転倒しそうになったとき、
両手があいていれば、すぐに手をつけて、
ケガを防ぐことができます。

 
雪まつりの会場の歩道では、雪や氷の上
歩かなければならないことも多いです。

氷の上を歩くことになれていなければ、
必ずと言っていいほど、滑りますので、
両手に荷物を抱える、というのはやめておいた方がいいですね^^

 

arrow 着るもの

yukimatsuri1

 
コートは薄めのものだと、凍えますよ~

できればフードがついていて、
厚手のコートやダウンで、しっかり防寒できるとベスト。

 
歩き回るので、厚い上になおかつ
「軽量」な素材のものがいいでしょう。

 
コートの下は、保温性のあるインナーやニットで!

インナーは厚いセーターを1枚着るより、
薄めのものを2枚、重ね着するほうが
暖かさを封じ込めることができますよ。

 
また、北海道という場所は、
外がかなり寒い分、室内はよく暖房を効かせています。

コートもインナーも厚くすると
体が暖まりすぎて、次に外へ出たときに、
より一層寒さを感じて、辛くなります。

 
だから、薄めのものを2枚重ねて、
・建物に入ったら脱ぐ、
・外に出る前に着る、

・・・など、その場その場で、柔軟に
対応できるようにするのです。

 
ちなみに、こうやって、
うまく重ね着をしているからなのか、
地元の人は、スキーウェアはあまり着ないそうです。

 
ということは、着て行ったら、
ひと目で観光客だってわかっちゃいますね(笑)

 

arrow 履くもの

yukimatsuri2

 
コーデュロイ、ジーンズなどで
暖かい素材のものを選びましょう。

女性の方は、基本的にスカートではなくズボンで。

 
裏起毛、裏フリースのついたヒートパンツや
レギンスパンツなどもOK。

 

続いて、靴や靴下について。

靴を選ぶポイントとしては、
ヒールは低めでハイカットなもの。

ヒールが高いと転倒の危険があります。

 
基本的にギザギザした靴底のものを、選ぶようにしましょう。

 
また、現地で靴を買うことも1つの方法です。

これが一番、手っ取り早いかもしれないですね(笑)

 
靴屋の店員さんに、雪まつりに行くと言えば
いろいろ良いアドバイスをしてくれるでしょう。

そして、1度買っておけば、
もし、また行く機会ができたときに、履いていけますしね♪

 
ちなみに、空港には靴屋がないので、
JRで札幌まで行ってから、駅ビルなどで買うといいでしょう。

 
靴下は、ヒートタイプの長いソックスがベスト。

厚手のもの、または2枚重ねるのもありです。

 

スポンサーリンク

 

arrow その他

yukimatsuri (1)Kabuki-za posted by (C)woofiegrrl 2013 on Flickr

 
ほかに防寒対策としては、

  • 耳あて
  • 帽子(ニット帽が良い)
  • 手袋
  • マスク
  • カイロ
  • マフラー

なども、必須ですね。

 

2月の北海道は、気温がマイナスになることもあります。

そうなると、寒さで頭や耳が、痛さを
感じるようになるので、耳あてや帽子は
着用するようにしましょう。

 
手袋は、皮革やポリエステルなどの素材がベストです。

濡れても、水分が染み込みませんからね(*^^*)

 
寒いからと、ポケットに手を入れていると、
転倒したときに手をつくことができず、
大ケガをしてしまう恐れもあります!

手の防寒対策は、ポケットではなく、手袋ですよ。

 

ちなみに、ポケットティッシュは、
寒いところから暖かいところへ入ったときに
鼻水が大量に出ることもあるので、
多めに持っていくといいですよ^^

 

 

寒さも雪まつりの楽しみの一つ。

そう思えるように、しっかり防寒対策をして行きましょう♪

 - 観光

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です