知的な日々の過ごし方

黒部立山アルペンルート!富山から長野までの料金は?

      2016/02/04

夏はもちろん、春や秋でも満喫できるのが、
富山~長野を結ぶ観光ルート
「立山黒部アルペンルート」です。

 
高山の植物観察、雪の大谷や、
湖の雄大さなどを楽しむことができ、
ツアーもあったりします。

 
そのアルペンルート内の移動って、
どれぐらい料金がかかるのか、
あなたは、ご存知ですか?

スポンサーリンク

 

アルペンルート内は、自家用車での
乗り入れができないため、

トロリーバスやケーブルカーなど、
普段、乗らないような乗り物に乗って
移動することになるのですが、

それぞれ、乗り継ぐごとに、
別に料金がかかるんです(^-^;

 
そこでここでは、立山黒部アルペンルートで
かかる料金を
ご紹介していこうと思います。

 

立山黒部アルペンルートについてもう少し詳しく!

 
富山県の富山地方鉄道「富山駅」から
長野県の「信濃大町駅」を結ぶ

観光ルートのことを、

「立山黒部アルペンルート」と言います。

 
全長約90kmもある、大規模な山岳観光ルートで、

鉄道・バス・トロリーバス・
ケーブルカーなどを利用して
横断します。

 
主な到着駅は、富山側から順に・・・

電鉄富山
 ↓
立山
 ↓
美女平
 ↓
室堂
 ↓
大観峰
 ↓
黒部平
 ↓
黒部湖・黒部ダム
 ↓
扇沢
 ↓
信濃大町

 
になります。

 

こんな感じのルートです♪

 

 

運賃は、バスなのかケーブルカーなのかなど、
交通手段によって違ってきますので、
次からご紹介していきますね。

 

黒部立山アルペンルートの料金

 
arrow 電鉄富山~立山

この間は、鉄道(富山地方電鉄)を使います。

 
距離は31.3km、所要時間は65分。

 
料金は、

  • 大人 1200円(往復2400円)
  • 子供  600円(往復1200円)

 

arrow 立山~美女平

この間の移動手段は、立山ケーブルカー。

標高差は500m!

 
2台の車両が、つるべ式に昇り降りしています。

車窓からは、立山山麓の高原などが見られます。

 
定員は120名。

移動距離は1.3km、所要時間は7分。

 
料金は、

  • 大人 720円(往復1290円)
  • 子供 360円(往復650円)

 

arrow 美女平~室堂

この間の移動手段は、高原バス。

 
美女平から、雪の大谷で有名な
室堂までの高原を走行します。

 
kurobe1

 
着席制なので、楽に窓から外を見学できます。

 
車内ではビデオを使って、
見所がわかりやすく解説されています。

 

雪の大谷は、雪が解ければおしまい。

 
アルペンルートが開通する、4月下旬が、
雪の壁が、最も高い時期になります。

 
その後、少しずつとけて、壁は低くなり、
楽しめるのは、7月上旬ころまでです。

 

ちなみに、バスが通るルートは、
1月下旬ごろから、除雪がスタートするそうです!

 
ビックリ!!のその風景は、こちら↓

 

 

定員は52~58名。

移動距離は23km、所要時間は50分。

 
料金は、

  • 大人 1710円(往復3020円)
  • 子供  860円(往復1510円)

 

スポンサーリンク

 

arrow 室堂~大観峰

この間の移動手段は、立山トンネルトロリーバス。

最初はディーゼルバスでしたが、
1996年に、トロリーバスになりました。

 
定員は72名。

全長3.7kmで、所要時間は10分。

 
料金は、

  • 大人 2160円(往復3240円)
  • 子供 1080円(往復1620円)

 

kurobe (1)

 

arrow 大観峰~黒部平

この間の移動手段は、立山ロープウェイ。

 
景観の保護を考えた、支柱のない
ワンスパーン方式
で、この方式としては
日本一の長さを誇ります。

 
見下ろした辺りに広がる眺望もキレイなので、
アルペンルートで乗る乗り物の中では、
一番楽しめるかもしれません。

 
定員は80名。

全長1702mで距離は1.7km、所要時間は7分。

 
料金は、

  • 大人 1300円(往復1940円)
  • 子供  650円(往復970円)

 

arrow 黒部平~黒部湖

この間の移動手段は、全線地下式黒部ケーブルカー。

 
全線地下式構造は、日本で唯一
ここにしかなく、景観の保護と、
雪による被害の防止を考えて、建設されました。

 
定員は130名。

距離は片道で0.8km、所要時間は5分。

 
料金は、

  • 大人 860円(往復1300円)
  • 子供 430円(往復650円)

 

黒部湖とダムの間は徒歩になります。

時間は約15分ほど。

 
kurobe (2)

 

arrow 黒部湖

移動手段ではないのですが、
30分かけて黒部湖を一周する遊覧船
「ガルベ」というのがあります。

 
これは、日本で最も高所を走る遊覧船で、
目の前まで、立山や針ノ木岳が
迫って見えるため、

壮大な黒部渓谷を楽しむことが出来ます。

 
定員は80名。

移動距離は11.5km、所要時間は30分。

運行期間は6/1~11/10
(ダムの水位低下により運休する場合も有り)

料金は、

  • 大人 1080円
  • 子供  540円

 

arrow 黒部湖・黒部ダム~扇沢

この間の移動手段は、関電トンネルトロリーバス。

 
ガソリンではなく、電気で走っており、
富山県と長野県の県境を越えます。

 
関電トンネル内は、夏でも暑くなく、
気温は10度前後と涼しめなんだとか。

 
定員は72名。

距離は6.1km、所要時間は16分。

 
料金は、

  • 大人 1540円(往復 2570円)
  • 子供  770円(往復1290円)

 

arrow 扇沢~信濃大町

この間の移動手段は、路線バスを使います。

 
距離は18km、所要時間は40分。

 
料金は、

  • 大人 1360円(往復2500円)
  • 子供  680円(往復1250円)

 

 

たくさんありましたので、まとめると・・・

 

電鉄富山
 ↓  1200円(電車)
立山
 ↓   720円(ケーブルカー)
美女平
 ↓  1710円(バス)
室堂
 ↓  2160円(トロリーバス)
大観峰
 ↓  1300円(ロープウェイ)
黒部平
 ↓   860円(ケーブルカー)
黒部湖・黒部ダム
 ↓  1540円(トロリーバス)
扇沢
 ↓  1360円(バス)
信濃大町

 

観光される方の中には、
富山側から入って、室堂までで引き返す方、
長野側から入って、黒部ダムを見て帰られる方、

など、さまざまですが、

富山側から長野側(またはその反対)に
抜けるなら、

  • 大人 10,850円
  • 子供  5,430円

 
となりました!

 

料金は、けっこうかかりますが、
素晴らしい景色には、それなりの価値が
あると思いますので、ぜひ行ってみてくださいね(^^♪

 - 観光

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です