知的な日々の過ごし方

ダウンジャケットの洗濯!自宅でできる!?

      2016/03/14

寒〜い季節に手放せなくなる服と言えば、
「ダウンジャケット」。

軽いし、それでいて温かいので、とても重宝しますが・・・

一方で、ケアが大変という難点もありますね。

 
普段着ている服のように、汚れたらすぐ
洗濯機へポイっというわけにはいきません(^^;

 

スポンサーリンク

 

そのため、ダウンジャケットは、
「汚れたらもうクリーニングに出すしかない」
と考えてしまいがちですが・・・

 
実は、普通に家で洗濯できるって、知っていましたか?

 
今回は、ダウンジャケットを家で洗濯する方法を紹介します!

 

ジャケットの洗濯方法

 
jackets

 

用意するもの

  • おしゃれ着洗い用の中性洗剤
  • ダウンジャケットが入るぐらいの桶(あれば)

 

やり方を順に説明しますね!

 

1、生地を確認する

 
まず、ダウンジャケットが手洗いできるかどうかを確認します。

 
手洗いマークがついていればOK!

 
もし水洗いがダメという表示でも、
表面の生地が、洗えるような素材であれば大丈夫です。

 
けれど、部分的に、レザーが使われている
ようなものは、手洗いはやめた方がいいでしょう。

 

2、色落ちしないか確認する

 
白い布に洗剤をつけ、軽く生地をたたいてみて、
色落ちしないか確認します。

 
確認は、目立たない場所でやるようにしてください。

 
もし布に色がつくようなら、色落ちする
可能性があるので、家で洗うのは止めて、
クリーニング店へ持っていくほうがいいでしょう。

 

3、洗う

 
部分的に目立つような汚れがあれば、
そこに直接洗剤をつけて、部分洗いをしましょう。

 
洗剤は原液のまま使い、軽く叩いて、
汚れを浮き立たせるようにして洗いましょう。

 
その際は、強く擦り過ぎないように注意してくださいね。

 

その次に、大きな桶にダウンジャケットを入れ、
全体を押し洗いします。

 
桶がなければ、洗濯機の洗濯槽でもいいですし、
洗面台に水を張ってもOKです。

 
まぁ、ほとんどのおうちには、
ダウンジャケットが入るほどの桶はないと思いますが(笑)

 

桶で洗う場合は、30度ぐらいのぬるま湯を溜め、
洗剤を入れて、洗濯液を作ります。

そして、ジャケット全体に洗剤液が回るように、
何度も押しながら、汚れを洗い出しましょう。

 
洗濯機を使う場合は、
ダウンジャケットをたたんでネットに入れ、
弱流のコースで洗うようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

4、すすいで、脱水する

 
洗い終わったら、水を入れ替えて
きれいな水にし、2、3度ほど押し洗いの要領で、
洗剤を完全に洗い流しましょう。

 
洗剤が残っていると、ヨレや変色の原因となります。

その後で、脱水を行ってください。

 
ダウンジャケットの場合は、脱水は
絞って行うのではなく、押しながら水気をきります。

 
洗濯機を使っている場合は、
洗濯機の脱水機能を使ってください。

 
型崩れさせないために、
脱水時間は30~40秒ほどで止めましょう。

 

5、干す

 
脱水が終わったら、ハンガーにつって
形を整えて、陰干ししましょう。

 
ハンガーはなるべく、曲線がなめらかで、
ダウンジャケットの大きさに合ったもの
使うようにしてください。

 
洗濯ばさみで吊るして干すのは、
あとがつくので避けたほうがいいでしょう。

 
また、ダウンジャケットは厚みがあるため
乾きにくいので、途中で裏返すようにしてください。

 

6、乾いたら羽毛を整える

 
完全に乾いたら、手で軽く叩くようにして、
羽毛の偏りを整えてください。

 
洗濯したあとのダウンジャケットを見ると、
シワシワだし、ぺしゃんこだしで不安になると思いますが、
乾かして、羽毛を整えると、元に戻りますよ!

 

 

以上、ダウンジャケットを家で洗濯する方法を紹介しました!

 
初めて自分で、家で洗濯したときは、
ちゃんと元に戻るのか、ハラハラしましたが、
汚れが取れて、元通りになったときは、ホッとしました。

 
もうクリーニング出さなくていいので、
お金も浮きますしね!

 
あなたも是非、チャレンジしてみてくださいね♪

 - 掃除・洗濯

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です