知的な日々の過ごし方

冷蔵庫の掃除!おすすめの方法はコレ!

      2016/02/08

毎日使っている冷蔵庫。

 
知らず知らずにうちに、
調味料やゴミが落ちていて、
汚れてくるんですよね~

 
きれいにしていても、
イヤ~なにおいが残っていたりして・・・。

 

スポンサーリンク

 

見て見ぬフリを続けていると、
どんどん汚れがこびりついて
取れにくくなってきます。

ですが、毎日使っているからこそ、
なかなか掃除をするタイミングがない!
というのも事実・・・

 
今回は、そんな冷蔵庫を、
簡単にきれいにする方法

紹介したいと思います。

 

掃除の前に、冷蔵庫の中の片付けから!

 
冷蔵庫の掃除をするには、
できるだけ中身をからっぽにしないと
すみずみまでキレイにはできませんよね!

 
どうせやるなら、徹底的に!

食べきれるものは、食べきって、
残り少ないものは、使い切ってしまいましょう!

 

この時に、冷蔵庫の奥から、
いつのものかわからない食材が・・・
なんてことも!?

 
賞味期限切れのものや、
長い間、奥のほうにおいてあったものは
思いきって捨ててしまいましょう!

 
特に冷凍庫は、長期間、冷凍保存できる
という安心感から、残り少ない食材や、

食べかけのものが入っていることも
よくありますよね!

 
そういったものを処分するだけでも、
結構、スッキリしますよ!

 

スポンサーリンク

 

取り外せるものは取り外して洗う!

 
入っている食材や調味料を、できるだけ
減らしたら、さっそく掃除に取りかかりましょう!

 
冷蔵庫の汚れは、こぼれた調味料や
肉のドリップ、古くなった野菜から
出てきた水分などなど、

ほとんどが、食べ物による汚れですね。

 
汚れは、冷えて固まってしまい
取れにくくなるのですが、

食べ物による汚れを落とすには、
食器用洗剤を使うと効率がいいんです!

 

取り外して洗えるものは、シンクで
食器用洗剤を使って洗うといいですね。

 
取り外せない部分は、
食器用洗剤を薄めたものを使って、
布巾などで拭くといいですよ。

 
拭いた後は必ず、水拭きをしましょう!

 
fridge

 
食器用洗剤の他にも、
重曹水を使うのも効果的です。

 

食べ物を入れておく冷蔵庫を
洗剤で拭くのは気になるという人も、

重曹ならば、天然のものですし、
食用の重曹なら、安心して使えるのではないでしょうか。

 

ちなみに私は、キッチンアルコールの
スプレータイプのもの
をよく使います!

 
キッチンアルコールをスプレーして
ぬれた布巾でサッと拭くだけで
軽い汚れなら、すぐに落ちますよ!

 
手あかや、引き出しの取っ手の部分も
キッチンアルコールできれいになるので
試してみてくださいね。

 

ドアパッキンもしっかりきれいに!

 
ドアパッキンの部分は、密着するので、
汚れたままにしておくと
カビが生えやすい部分なんです。

 
パッキンの部分は、雑巾やふきんで
拭いても、なかなかキレイに拭けません。

 
ですので、洗剤やアルコールで湿らした
綿棒を使ったり、歯ブラシを使って
掃除すると、きれいになりますよ!

 
歯ブラシは、卵やチューブを入れる
ケースの部分を掃除する時にも
役立ちますので、

1つあると便利かもしれませんね。

 
もしカビが生えていた場合は、
漂白剤を薄めて使うと、キレイに取れると思います。

そのあとに水拭きをすれば
漂白剤のにおいも残りにくいです。

 
fridge2
 

ドアの表面や冷蔵庫の上もキレイに!

 
冷蔵庫の中を片付け、
棚やケースの掃除、
ドアパッキンの掃除が終われば、

庫内の掃除はほぼ終わりです。

 
ですが、めったにやらない
冷蔵庫の掃除ですので、

庫内ではありませんが、
冷蔵庫のドアの表面や取っ手の部分、

ホコリの溜まりやすい冷蔵庫の上や、
下のカバーを外した部分の床、

可能であれば、裏のホコリも掃除機で
吸っておくと、もう冷蔵庫の掃除はカンペキ!

 
もし冷蔵庫に書類などが、
ペタペタはってあるならば、
そういったものも片付けましょうね!

 
子どもの落書きは
アルコールで拭くとキレイになります!

 

汚れにくいような工夫も!

 
なかなか掃除が大変な冷蔵庫ですが、
普段のちょっとした工夫で、
汚れにくくすることができます。

 
まず、調味料などは、カゴに入れておくといいですよ!

 
100円ショップにも売っていますが、
仕切り付きのケースでもいいですし、
トレイでもいいですね。

 
直に置かずにカゴなどに入れておくと、
汚れてもカゴを洗うだけでいいですし、
手軽にできますよね。

 
また、食べ残したものは、
お皿のままラップをするのではなくて、

手間ですが、タッパーなどの密閉容器に
入れかえて、
冷蔵庫に入れるように
気をつけましょう。

 
冷蔵庫には、たくさんものを入れておくと、
奥のものが見えづらく
いつのまにか忘れてしまいがち。

 
冷蔵庫にいれるものは
容量の7~8割程度にしておくと
奥まで見えやすく、

奥のほうで傷んだ野菜が・・・
ということを防げますね!

 

 

冷蔵庫の掃除方法についてお話ししました。

 
冷蔵庫は常に使っているから、
というだけでなく、大きいと奥まで
見えにくく、手も届きにくい、
という点でも、掃除の大変な家電です。

 
ですので、最後にお話ししたような、
冷蔵庫を汚さないように、

また、掃除しやすいように、管理しておく
ということも、とっても大切かもしれませんね!

 - 掃除・洗濯

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です