知的な日々の過ごし方

英語で住所の書き方!簡単なのはコレ!

      2016/01/16

外国へ手紙を送りたいとき、
初めてだと、自分の住所の書き方って、
わからないですよね。

ここでぶつかるギモンは・・・

「普通にローマ字で書けばいいのかな?
「郵便番号や地番とかの数字は、どうしたらいいんだろう?」

というところではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ローマ字で書くというのは、
間違ってはいないんですが、
ローマ字にしただけでは、ダメなんです(>_<)

 
「英語での住所の書き方」というものが
ちゃーんと決まっているんですよー!

 
そこで今回は、英語で住所はどうやって書くのか、
その方法を紹介していこうと思います!

 

英語での住所の書き方!

 
日本では、

郵便場号
 ↓
都道府県
 ↓
市町村
 ↓
区・町名・地番
 ↓
マンション名(建物名)・部屋番号

の順に書きますが、英語の場合は・・・

088904

建物名
 ↓
部屋番号
 ↓
地番
 ↓
町名(区)
 ↓
市町村
 ↓
都道府県
 ↓
郵便番号
 ↓
国名

と、日本とは逆の順序になるのが
大きなポイントです。

 

項目ごとに詳しく見ていきましょう^^

 
mailbox

 

arrow 郵便番号

郵便番号はそのまま使うことができますが、
最初の「〒」を外してください。

 

例:〒123-4567
→123-4567

 

arrow 都道府県

都道府県には、3つの書き方があります。

 
例:長崎県
→Nagasaki
Nagasaki-ken
Nagasaki Pref.

 
Pref.はPrefectureの略で、「県」を指します。

県以外の「都」「道」「府」は、
後ろに何もつけないのが一般的です。

 
「県」も、何もつけないのが、
シンプルでいいかもしれませんね^^

 

例:北海道、東京都、大阪府
→Hokkaido
Tokyo
Osaka

 

arrow 市町村、区、町名

市町村・区にも、3つの書き方があります。

 
例:枚方市
→Hirakata
Hirakata-shi
Hirakata City

 
例:旭区
→Asahi
Asahi-ku
Asahi Ward

 
例:岬町
→misaki
misaki-cho
misaki Town

 
例:恵織村
→eori-mura
eori Village

 
私は、市には、何もつけず、
区には、kuをつけていますが、

市町村の名前によって、
分かりやすい表記を選ぶといいでしょう。

 

例:名古屋市南区
→Minamiku Nagoya

 

arrow 地番

1丁目2番の48を例として見てみましょう。

 
地番は、「2-48,1-chome」という
書き方でもOKですが、

日本語でも書くように、
「1-2-48」の方が、シンプルでいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

arrow マンション名(建物名)、部屋番号

書き方は、下のようになります。

 

例:三日月マンション123号室
→#123 Mikazuki
Mikazuki #123

 

マンション名は普通にローマ字で。
部屋番号は前に「#」をつけます。

 

書き方は以上です。

では1つ、例を挙げてみましょう。

 

例:〒123-4567
長崎県枚方市旭区岬町1丁目2番の48 
三日月マンション123号室

→#123 Mikazuki
1-2-48 misakicho
Asahi-ku, Hirakata
Nagasaki, 123-4567 JAPAN

 

 

いくつかの書き方を、紹介しましたが、
そのうち、どれを組み合わせても大丈夫です。

 
住所を適当に書いてしまって、困るのは、
実際に手紙や荷物を、その住所宛に
届ける場合ですから、

郵便配達員(宅配の配達員)が、
わかりやすい書き方をする、
というのが
1つの目安です。

 
忘れがちななのが、最後の「JAPAN」。

これは必ずつけるようにしてください。

 

番外編 英語での電話番号の書き方

 
英語で何かを登録する場合、
住所のほかに、電話番号が必要なときも、
ありますので、紹介しておきますね!

 

arrow 電話番号

まずは、市外局番の0を取り、
日本の国番号である「81」をつけます。

 
81の前には「+」が必須ですので、「+81」と書きましょう。

 

例:03-1234-5678
→+81-3-1234-5678

 

 

いかがだったでしょうか?
 
ただローマ字にするだけじゃなくて、
順序も逆からなんですねー。

 
表記に、細かくこだわる必要は
ないようですが、最後にJAPANをつける
という部分だけは、

日本語で住所を書く時とは違うので、
気をつけたいところですね。

 
これから英語で住所を書く機会がある方は、
ぜひ本記事を参考にしてくださいね!

 - 豆知識

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です