知的な日々の過ごし方

潮干狩り!取った貝をうまく持ち帰る方法は?

      2016/05/05

4月~5月がベストシーズンだと言われる潮干狩り。

 
毎年GWになると、家族連れなどで
にぎわっていて、その模様はニュースでも
よく流れていますよね^^

スポンサーリンク

 
そんな潮干狩りで採れた、たくさんの
アサリやハマグリなどの貝。

 
何だか宝物を見つけたみたいで、
たくさん採れれば、それだけ、子供も
喜びますよね!

 
そして、
「家に帰ってからおいしく食べよう」
「ご近所さんにおすそ分けしよう」

なんてワクワクしながら、持ち帰ることと思います。

 

その時・・・

「何か容器に海水を入れて、
その中に入れて持って帰ろう」

「砂だけ落として、そのまま直接
クーラーボックスに入れちゃおう」

 
そう考える方も多いと思いますが・・・

ちょっと待ってください!

 
その持ち帰り方、どちらも間違っています!

 

貝は正しく持って帰らないと、
せっかくの新鮮さが、なくなってしまうんですよ!

 
そうなると、スーパーで買ったのと
変わらない感じになってしまいます(:_;)

 
せっかく採ったものですから、
新鮮なまま持って帰って、
おいしく食べるためにも、

今から、潮干狩りで採った貝の
持ち帰り方
をご紹介します!

 
shellfish (2)

 

新鮮さを保つ貝の持ち帰り方!

潮干狩り場でやっておくこと

 
まずは、持って帰る前に、その場で
やっておくことがあるんです。

 

088904

  1. 砂を落とし、いらないものを捨てる!

    貝についている砂を、
    海水で軽く洗って、落としましょう。
     
    カラが壊れているものや、
    小石は捨ててくださいね。
  2.  

  3. ぬめりを取る!

    手に何個か貝を持って、こすり合わせて
    ぬめりを落としましょう。
     
    ここでしっかり、丁寧に洗っておくと、
    家に帰ってからが楽です(^^)v
     
    ぬめりを取るときは、海水ではなく、
    水道水などの真水を使ってください。
     
    真水で洗う方が、貝の表面についている
    「腸菌ビフリオ」という食中毒の
    原因になる菌を、しっかり落とすことができます。
     
    また、洗うぐらいならいいのですが、
    アサリは、真水につけておくと
    すぐに死んでしまうので、最後に水は、
    しっかり切っておきましょう。
  4.  

  5. 海水を持って帰る!

    貝を持って帰った後、
    家で砂抜きをするのに必要となります。
     
    海水の水道が、用意されている場合が
    多いようですが、なければ、直接海から
    空のペットボトルへ入れるといいですよ。

 

砂を落とし、ぬめりも取れたら、
いよいよ持って帰る準備をしていきましょう^^

 
shellfish (1)

 

貝の持ち帰り方

 
貝を持って帰るのに必要なものは、

  • 新聞紙
  • 保冷剤
  • クーラーボックス

 
です。

 

もし、保冷剤がなければ、
凍らせたペットボトルでも構いません。

 
やり方は・・・

 

  1. 新聞紙をしめらせて、洗った貝を包む。
  2. 保冷剤の上に、貝を包んだ新聞紙を乗せる。
  3. クーラーボックスの中に入れる。

 

これでOKです!

 
こうやって持ち帰ることで、鮮度も保たれます。

 
直接、貝に保冷剤を当てないように、
必ず新聞紙に、巻いてくださいね。

 
そして、くれぐれも、海水につけて、
貝を持って帰らないようにしてください。

 
海水中で繁殖する雑菌もあるし、
何より鮮度が落ちてしまいます。

 

最後に、持ち帰ったあとの、
砂抜きの方法も、ご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

 

貝の砂抜きの方法

 
無事、家まで持ち帰ることができたら、
砂抜きをしましょう。

 

088904

  1. バットに貝を並べる。

    貝どうしが、重ならないように、
    ボールよりもバットのほうが適しています。
  2.  

  3. 海水を入れる。

    持ち帰った海水を入れると、
    砂抜きがスムーズにできます。
     
    持ち帰れなかった場合は、
    水500ℓに、塩大さじ1で、
    塩水を作ってくださいね。
     
    海水は、貝のカラが少し出るくらいの
    ひたひたの量にします。
  4.  

  5. 新聞紙でフタをする。

    暗くするためにも、
    海水が飛び散らないためにも、
    フタをしましょう。

 

これで、3時間~ひと晩、つけておけばOKです。

 

 

いかがでしたか?

あとは、料理をするだけですね!

 
それでは、新鮮な貝を楽しんでくださいね(^^♪

あっ それと、潮干狩りの準備にはこちらもご覧くださいね!

 - アウトドア

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です