知的な日々の過ごし方

キャンプ料理!おすすめのメニューはコレ!

      2016/05/05

外で食べるご飯と言えば、
キャンプやバーベキューを思い出しますが、

最近では、「外ごはん」という言葉や
「大人ピクニック」なんていう
言葉もあるほど、いろんなスタイルで、

野外での食事を楽しむ人が、増えているようですね。

 
外で食べる食事は、気持ちいいですもんね~

 

スポンサーリンク

 

ですが、何を作ろうか・・・
考えていると、道具がたくさん必要だ
ということがわかったり、

メニューがマンネリに・・・

なんてことも多いはず!

 
私も、バーベキューのネタには
毎回、悩まされています・・・

そこで今回は、キャンプやバーベキューで
できる、おすすめの簡単料理

紹介したいと思います!!

 

定番のバーベキューでは!

 
基本は、お肉や野菜ですが、
つい、いつも同じものになってしまいますよね!

 
そんなときは・・・
 

088904

  • タンドリーチキン
  • チーズフォンデュ
  • 焼きおにぎり
  • 焼きバナナ・焼きりんご

 

などを試してみるのは、どうでしょう??

 

タンドリーチキン

 
事前に、準備が必要にはなってきますけど、
焼き肉のたれで食べるのとは、少し違った
インド風の味が、新鮮ですよ!

 
チキンは、↓に漬け込むだけでOKです。

 

(チキン500gの分量です)

  • おろしにんにく  1片
  • おろしショウガ  1片
  • ヨーグルト    150g
  • カレー粉     大さじ1
  • 塩        小さじ1

 

1~2時間、漬け込むだけでも、大丈夫ですが、
ひと晩漬け込んでおくと、とってもおいしく
なりますよ♪

 

チーズフォンデュ

 
camp2 (2)

 
キャンプやBBQでのチーズフォンデュは
とっても楽しいんですよね~。

 
そして、下準備しておけば、
現地では「切るだけ」「茹でるだけ」で
とってもラクチンなんですよ!

 
洗い物も、比較的少なくて済みます!

 
一番かんたんなのは、

カマンベールチーズ(切れていないタイプ)の
上の白い部分を薄く削いで、
アルミホイルに乗せて網の上に置くだけ!!

 
中のチーズがトロッと溶けてきたら
チーズフォンデュ開始です!

 
網の上で、焼きながら食べるので、
キノコやウインナー
下準備なしでもいいですよね。

 
ブロッコリーなどは、現地で下茹でしても
いいですし、カボチャやアスパラなどは
そのまま焼いても、おいしいです。

 
とにかく、チーズフォンデュは
ゴミも少なく、手間も少ない
とっても簡単で、楽しめるメニューですよ!

 

焼きおにぎり

 
camp2 (1)

 
キャンプやバーベキューでご飯が食べたい!

そんな時は、焼きおにぎりもいいですよ。

 
でも、ご飯はどうしよう・・・

という時は、ぜひ空き缶でご飯を炊いてみて下さい!

 
コンロがなくても、
バーベキューの網の上でできますよ。

 
炊き方は、
 

  1. 350mlの空き缶を用意します。
    (中はきれいに洗っておく)
  2.  

  3. 缶切りなどで、缶のプルタブが
    ついている上部を切り取る。
  4.  

  5. 缶の中に洗ったお米1合と、
    水180~190ml程度の水を入れる。
  6.  

  7. アルミホイルで隙間なく蓋をして、
    火にかける。(バーベキューの網の上など)
  8.  

  9. 10~20分後に湯気が出なくなったら、
    火から下ろして蒸らす。

 

これだけで完成です!!

 
文章にするとちょっと手順が
多く感じるんですが、要するに、

空き缶にお米と水を入れるだけ!
火にかけて蒸らす!

 
それだけなんです。

 
私は、キャンプに行くときは
飯ごうや鍋を持って行かないことも多いので
毎回、この方法でご飯を炊いています。

 
ただ、アルミ缶で炊くのはイヤな人も
いるでしょうし、安全性などについても、
自己責任でやってくださいね。

 
ちなみに私は、屋外で何度もやっていますが、
特に問題なくできています!

 

そして、炊けたご飯を、サッと握って、
しょう油や味噌をつけて、焼いてみてくださいね!

 

焼きバナナ・焼きりんご

 
curry2

 
こちらは、デザートにおすすめです♪

 
バナナは、皮のまま焼きます。

 
温まる程度に焼いてもいいし、
皮が真っ黒になるまで、焼いてもOKです。

 

リンゴは、アルミホイルに包んで、
そのままでもいいのですが、

おすすめは、芯をくりぬいて、
はちみつやシナモンを入れて、

じっくり焼く方法。

 
アツアツですから、食べるときは、
気をつけてくださいね!

 

 

バーベキューの下準備

 
いつものバーベキューも、
下準備を済ませておくと、
とっても簡単に、することができます。

 
あらかじめ、野菜を、使いやすい大きさに
カットしたり、お肉に下味をつけて、

冷凍しておきましょう。

 
キャンプ場に行くと、
何度も、食器や包丁を洗うのって、
意外に手間がかかるんです!

 
なので、野菜をカットしておくだけで
すごく楽に、調理することができますよ。

 
例えば、焼きそばを作るならば、
キャベツやにんじんなど、

炒めるだけの状態にカットして
野菜保存用の袋に入れておきましょう!

 
麺なども個包装を開けて、
使う分だけラップなどでまとめておくと、
ゴミも少なくて済みますよ。

 
お肉にも下味をつけて冷凍し、
解凍せずに持って行けば
夜には、解凍されて、そのまま使えますね。

 
以上は、バーベキューのレシピでしたが、
ほかにも、簡単アイデア料理は
ありますよ!

 

スポンサーリンク

 

○○するだけの簡単メニュー

 
雨が降ってきて、たき火ができない。

遊んでいると、
時間が遅くなってしまった。

調理時間が長くて子どもが退屈している。

 

こういうことって、ありますよね・・・。

 
そういうときは、思い切って

  • 温めるだけ!
  • 焼くだけ!

こういう簡単なものに頼ってみましょう!

 

スープパスタ

 
camp2 (3)

 
お鍋1つで、つくれる簡単パスタは
どうでしょう?

 
缶詰やインスタントのスープに、
マカロニなどのショートパスタを入れるだけ!

 
時間と食材があれば、お野菜を入れても
もちろん、OKです。

 
ブロッコリーやキノコ類、
ウィンナーなんかだと、煮込まなくても
いいですよね!

 

ホットドッグ

 
camp2

 
朝食におすすめのメニューではありますが、
ウィンナーを焼くだけで、
できちゃいます!

 
もちろん、レタスやキュウリを
一緒にはさんで、お野菜を摂るのも
いいですね!

 
具材をいくつか用意して、パンを用意して、
好きなものをはさんで食べる
サンドイッチ
なんかも、おススメです。

 

いかがでしたか?

 
キャンプの食事ってとっても楽しいけれど、
食事ばかりに時間は費やせませんよね!

 
準備も片付けも簡単で、
おいしくて、楽しいキャンプ料理
というイメージの料理をいくつか紹介しました。

ぜひ、一度試してみて下さいね!

 - アウトドア

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です