知的な日々の過ごし方

お刺身の食べ方!正しいマナーは?NGは?

      2016/09/09

会席の場はもちろんですが、居酒屋や食卓など、普段から食べる機会が多いお刺身。
大好きな方も多いのではないでしょうか?

 
そんな、簡単に食べられるお刺身ですが、実はお刺身をいただくのにも、より美味しく頂ける食べ方と、マナーがあるのをご存知ですか?

 
お醤油のつけ方、いただき方、いただく順番・・・

などなど、知っておきたい食べ方とマナーがいくつかあります。

 
ふだんは、そこまで堅くなって、お刺身を食べなくてもいいと思いますが(笑)、知っておいて損はないと思いますので、ぜひ、参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク

 

お刺身を美味しく正しくいただこう!

醤油の使い方

まず、直接、お刺身に醤油をかけるのは、NGです。

直接だと、どうしても必要量の調節がしにくく、たくさんかけてしまうからです。

 
では、どうすればいいのか?

答えは・・・

point

小皿に醤油を入れ、そこにお刺身をつけて食べる」です。

 

そんなに、ダボダボお醤油たっぷりつけていただくものではないですからねー。

お刺身の味もわかりにくくなりますし、ちょんちょんと少量つけていただきましょう。

 

ワサビの使い方

 
sashimi1

醤油を入れた小皿にワサビを溶かす・・・

これは、みなさんよくやると思います。

 
食べるたびに、ワサビをつけるのは、面倒ですもんね。

醤油に溶かしておけば、いちいちつけなくていいし楽ではあります。

 
しかし、実はコレ、マナー違反なんです!

 

一度溶かしてしまうと、「単に醤油だけでお刺身を楽しむ」ということができなくなってしまい、何より、ワサビ本来の刺激のある味や香りが損なわれてしまうのです。

 
お刺身を食べるのであれば、やはりワサビの風味も楽しみたいですよね。

 
では、どうすればいいのか?

 

point

  1. お刺身に少量ワサビを乗せる
  2. そのままお刺身を二つ折りにし、わさびを挟む
  3. 小皿に入れた醤油を少しつけていただく

 

これで、お刺身と一緒に、ワサビもおいしくいただけます^^

 

そもそも和食において、「混ぜる」という行為は、あまり美しくないと言われているんです。

 
口の中で、一緒に混ざるのはいいですが、食べる前に、表立って混ぜると、美しさが損なわれるんだとか・・・

 
なので、醤油に溶かしてしまうよりも、少しずつお刺身と一緒にいただくこと!

 
これが食べ物の美しさを保ちつつ、ワサビ本来の味と香りも楽しむ方法です^^

 

スポンサーリンク

 

口への運び方

 
お刺身を食べるにあたって、やってしまいがちなのが、お醤油が垂れて服などを汚してしまうこと。

 
垂れて服についてしまったら、拭いても、きれいには取れませんよね。

なので、家に帰るまで、汚れたままで過ごさなくてはなりません(:_;)

 
そうならないためにも、お刺身を手で受け、垂れることを防ごうとするでしょう。

 
ですが実はコレ、マナー違反なんです!

 

point

 
お刺身をいただくときは、醤油の小皿を持ち上げるか、懐紙で受けていただくようにしましょう。

 

決して手で受けたり、お刺身の盛られた皿ごと持ち上げてはいけませんよ。

 

味わう順番

 
sashimi2

 
たくさんのおいしいお刺身を前に、自分の好きなものからいただく、あるいは一番最後の楽しみに取っておく・・・

 
いろんな食べ方をされているかと思います。

 
でも実は、いろんな種類のお刺身が盛り合わせてあるとき、食べる順番があることをご存知ですか?

 

point

 
お刺身の基本的な食べる順番は、まず味の淡白なものから。

それから徐々に、味の濃いものをいただきましょう。

 
白身魚→貝類→赤身魚というような感じですね。

  • 白身魚って?
    タイ、キス、サヨリ、スズキ、太刀魚、タラ、フグ、ヒラメ、ホッケ、などなど
  • 赤身魚って?
    マグロ、カツオ、イワシ、アジ、サバ、などなど

 

この順番は、刺身に限らずお料理を味わう上では、大切なことなんです。

 
お刺身はきれいに盛り付けされていると思いますので、なるべく崩さないようにいただきましょう^^

 

また、食べるべきか、置いておくべきか迷ってしまう「ツマ」。

 
あれは、決して飾りではありません。

食べられます!

 
ちなみに私は昔、食べれないものだと思って手をつけず残していました(笑)

 
ツマは、口直しとして口の中をさっぱりさせてくれますよ^^

お刺身と別々に食べても、一緒に食べてもどちらでもいいようです。

 


 

いかがでしたか?

 
お寿司の食べ方にも通じるところがある、お刺身の食べ方について紹介しました。

 
私も昔は正しい食べ方を知らずに、ワサビを溶かしたり、べっちゃっとお醤油をつけたりしていました(;^_^A

知ったきっかけは、親友と居酒屋で飲んだ時です。
「○○ってさー、お刺身の食べ方知らないんだね~」
って言われたのを今でも覚えていたりします・・・

 
でも、いまは大丈夫です!

あなたもこれで、どこへ行っても堂々と、お刺身を食べられますね(^^♪

 - 食事

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です