知的な日々の過ごし方

寒いとトイレが近い・・・なぜ?

      2016/02/05

寒くなると、お布団から出たくない!

あったかい部屋から出たくない!

 
なのに、トイレに行く回数が増える・・・

 

スポンサーリンク

 

トイレに行くまでの廊下も寒いし、
トイレの中も寒いから、
必要以上には行きたくないのに、

トイレが近くなるのは、どうしてなんでしょうか?

 
何とか対策は取れないものか・・・

 
そこで今回は、寒くなるとトイレが
近くなるその理由と、その対策法
について
お話していこうと思います!

 

寒いときにトイレが近くなるのはなぜ?

 
トイレが近くなる、それはつまり、
頻繁に尿が出ると書いて、
「頻尿」と呼ばれるやつです!

 
頻尿と聞くと何となく、
「おじいさん(おばあさん)みたいだな・・・」

なんて思ってしまいますが、年齢のせいで
トイレが近くなることはあっても、

寒さのせいでトイレが近くなるというのは、
年に関係なく、誰にでもあることだと思います。

 
いったい、どうしてそうなってしまうのでしょうか?

 

理由その1

 
それは、汗をかかないから!

 
体内に溜まった水分は、

  • 尿
  • 便
  • 呼気

などになって、体外へ排出されます。

 
汗というのは、夏は大量に出ますが、
冬は、体が体温低下を防ごうとするので、
それほど、出ません。

 
つまり、夏なら、汗として出ていく水分が
尿に回されてしまうので、
トイレが近くなってしまうのです。

 
入ってくる水分量と、出ていく水分量は、
ほとんど同じです。

 
なので、夏場と同じぐらい水分を
摂っていると、汗をかかない分、
尿意をもよおす頻度が増えるのは当然。

 
「これだけ入ってきてるから、
同じ分だけ、体から出さなくちゃ!」ってなるんですね。

 

toilet

 

理由その2

 
血液量を減らそうとするから、です。

 
どういうことかというと、

寒くなって、交感神経が刺激され、
手や足など、体の先の血管が縮みます。

 
そうなると、体の中心部分の血液量
増えてしまうので、その分を減らそうするのです。

 
結果、尿として出ていく、というワケです。

 

理由その3

 
膀胱が刺激されるから。

 
寒さのせいで、血管が縮むと言いましたが、
同じ理由で、膀胱も収縮します。

 
膀胱が収縮すると、
「トイレに行きたい~」という感覚が、
強くなるんですね。

 

寒いときにトイレが近くなるのは、
上記のような理由ですが、

では、どんなふうに対処すればいいのか、
次で見てみましょう。

 

スポンサーリンク

 

トイレが近くならないようにするには?

体を温める

 
寝るときに肩当てをする、
靴下を履くなどして、体が冷えないように
衣類を工夫しましょう。

 
湯たんぽや電気アンカを使うというのも
ありですね。

 
ちなみに私は、足がよく冷えるほうで、
電気アンカを愛用しているのですが、
トイレに行く回数は減らせました^^

 
特に、下半身をよく温めると、
血液量が調節されるので,
尿意をコントロールできるようです。

 

また、湯船に浸かるのがイヤで、
シャワーだけですます人がいますが、
シャワーだけでは、体は温まりません。

 
入浴時間をしっかり確保して、
ゆったりと湯船につかって、
お風呂に入るようにしましょう。

 

toilet2

 

体の中を温める

 
服やお風呂で、体を外から温めるだけでなく、
中からも、体を温めましょう。

 
辛いものや、油っこいものを避け、
体を温める食事を心がけでくださいね。

 
冷たい飲み物ではなく、生姜湯など
暖かい飲み物を、飲むのも、効果的です。

 

水分は適度に!

 
水分は摂っておくことにこしたことは
ありませんが、あくまでも適度に。

 
また、コーヒーなど、カフェインを
多く含む飲み物、アルコールなどは
利尿作用があるので避けましょう。

 

ストレスを溜めないようにする

 
ストレスによって、自律神経が乱れると、
体が冷えやすくなります。

 
軽く運動をする、
誰かとどこかへ出かけるなど、

自分なりのストレス解消法を見つけ、
なるべく溜め込まないようにしましょう。

 

トイレにヒーターを置く

 
これは、「近くならないようにする」
というか・・・

「これ以上近くならないようにする」
対策ですかね!?

 
冬はどうしても、トイレは冷えます。

 
そんなところで用を足すと、冷えて
また行きたくなります。

なので、思い切ってヒーターを置いて
寒いトイレを温かくするというのも手です。

 

 

いかがだったでしょうか?

 
トイレを我慢する、
行く回数を減らすために水分を摂らない、

なんてのはダメです。

 
体によくないし、尿を我慢しすぎると
膀胱が膨らみすぎてしまい、
逆に尿が出にくくなってしまいますからね。

 
行きたくなったら、ちゃんと行くこと。

 
大事なのは、体を冷やさないように
対策を取ることです、

 
本記事を参考にして、寒い冬を乗り切りましょう!

 - 不調

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です