知的な日々の過ごし方

小説のおすすめ!恋愛小説なら、はずせないのはコレ!N

      2016/09/19

人を好きになって、ワクワクしたり、
どきどきしたり・・・

 
最近、そんな恋愛感情から、
ちょっと遠ざかってるかも!?

・・・なんて、思っていませんか??

 

スポンサーリンク

 

恋愛は、楽しいことばかりではないけれど、
やっぱり、心にエネルギーを与えてくれるし、
毎日の元気のもとにも、なりますよね~

そこで!

今回は、恋愛からは、
ちょっと遠ざかっているけれど、

キュンとしたり、切なくなったりしたいという
あなたのために、恋愛小説のオススメを4冊、
ご紹介していこうと思います。

 
恋愛体質になれば、
新しい恋を呼び込めるかもしれませんよ!

 

恋愛小説のオススメを4選!

「おいしいコーヒーの入れ方」 村山由佳

 
高校生の勝利は、父親の転勤により、
従妹のかれんと、一緒に暮らすことに。

かれんは、勝利の高校の美術教師。

 

5歳も差がある年上女性、
しかも、血のつながりがあるかれんに、
勝利は惹かれていく。

 

caffeine

 

柔らかい雰囲気を持っていて、
同姓からもモテるかれんだが、
その裏にある憂いを知り・・・

 

村山由佳さんによるノベルシリーズ。

 
年上の美術教師と、その生徒という関係。

引っ越しにより、親戚と一つ屋根の下で暮らす。

結果、お互いだんだん惹かれていく。

 
これは、よくあるパターンではないでしょうか(笑)

だからこそ、多くの人にすすめやすい作品です。

 
近づいたと思ったら離れたり、すれ違ったり・・・

切なくなること間違いなし。

 
辛いけど、恋とはそういうものですよね。

読めばきっと、恋がしたくなるはず。

 

「黄色い目の魚」 佐藤 多佳子

 
周囲にうまく溶け込めず、
イラストレーターの叔父にだけ、
心を開いているみのり。

絵を描くのが好きな悟。

 

novel4

 

同じ高校の同級生として出会った2人は、
お互い、友情とも恋愛とも言えない想いが
生まれていき・・・

 

ものすごくピュアというか・・・純粋な作品。

ここで描かれている、まっすぐで熱のある
恋というのは、現実では難しいんじゃないかなぁ。

 
だからこそ、「いいな、こういう恋愛!」
って羨ましくなって、
強く心に響くんだと思います。

 

恋愛青春ものではありますが、
人の汚い部分だったり、思春期ならではの
リアルな悩み
などが描かれているので、

少し見透かされているような気分になりつつも、
「自分も、これぐらいの年の頃は
こんな感じだったかなー」と、

登場人物たちに共感できたりして、読みやすい作品です。

 

スポンサーリンク

 

「ストーリー・セラー」 有川 浩

 
小説家である彼女と、読書家である夫。

ある日、彼女は、頭を使うと寿命が
削られるという病気
にかかってしまうが、

それでも、自分の作品を読んでくれる
愛する夫のために、小説を書き続ける。

 

感情の起伏が激しい彼女を支える夫。

有川さんの描く男性像は、柔らかいと言うか、
優しい人が多いなぁと思います。

 
こんな男性が、そばにいてくれたらいいなぁ~

まさに理想の男性!

ずっとこんな風に、ただ1人のことを
想えたら幸せだろうなぁ。

 

病気が絡んだラブストーリーというのは、
どうしても切なくなりますよね。

胸がぎゅーっと締め付けられるような
気持ちにもなりつつ、読むにつれて、

どれが真実で、どれが嘘なのか、
わからなくなってくるという、
ちょっとしたミステリー要素も入っているかも!?

 
本を開くと、有川ワールド全開です。

 

「放課後の音符」 山田詠美

 
大人でもない、子供でもない「17歳」。

そんなどっちつかずな時期を過ごしながら、
恋に揺れる女子高生たちの、8つの短編恋愛小説。

 

 

この年頃ならではの、繊細で甘酸っぱい恋が
描かれています。

 
大人の仲間入りをしている17歳。
ちょっと背伸びして無理してる17歳。
なかなか一歩が踏み出せずにいる17歳。

いろんな17歳がいます。

 
彼女たちと同じ年代の頃に読むと共感し、
そして大人への憧れを抱いて、
「いつか素敵な女性になれたらいいな」と思えるし、

大人になってから読むと、
「友情や恋愛、学校生活を楽しんでいた
17歳の頃の自分」を懐かしく思えるし・・・

いつ読んでも、楽しめるんじゃないかなと思います。

 

 

いかがでしたか?

1度読み始めれば、
止められないかもしれませんので、
せひ、読んでみてくださいね(^^♪

 - 趣味

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です