知的な日々の過ごし方

憲法記念日とは?意味や由来をわかりやすく!

      2016/02/06

憲法記念日って、いつのことか、知っていますか?

 
えっと・・・確か・・・

そう!

5月3日です^^

 
ゴールデンウィークのまっただ中なので、
遊んでいるうちに、過ぎちゃいますよね~

スポンサーリンク

 

そんな、いつの間にか終わってしまっている
憲法記念日のことを、今回は、
詳しくお話ししたいと思います!

 

憲法記念日って、どんな日??

 
その名の通り、憲法を記念する日ですが、
祝日法という法律に書かれている趣旨は、
こちら!

 

「日本国憲法の施行を記念し、
国の成長を期する」

 

日本国憲法には、公布された日と、
施行された日
の2つがあって、

憲法記念日というのは、施行された日を
記念したものなんですね!

 

昭和21年(1946年)11月3日が、公布日で、
この日に、新しい憲法が発表された、
ということです。

そして、翌年5月3日が施行日で、この日に、
憲法は、効力が発生したわけです。

 

ちなみに、5月3日が祝日になったのは、

昭和23年(1948年)に施行された、
「国民の祝日に関する法律」(祝日法)で
定められてから、ですけどね(^^;

 

GW (1)

 

ところで、この憲法の公布日については、
いろいろと議論があったようですよ!

 
キリよく、11月1日とすれば、半年後になる
施行日が、5月1日になるけれど、

5月1日は、メーデーなので、
新憲法の施行には、ふさわしくない・・・

 
5月5日なら、節句の日で、覚えやすいけれど
男の子の節句の日なので、

男女平等の新憲法には、
ふさわしくないのでは・・・

 

そんなわけで、11月3日を公布日、
5月3日を施行日と決めたのですって。

 

昭和22年5月3日には、皇居前広場で、
「日本国憲法施行記念式典」
行われたそうです。

 

こうやって、施行され、記念されている
日本国憲法ですが、それがどんなものか、
あなたは知っていますか?

 
日本国憲法についても、
簡単にまとめてみましたので、
ぜひ、見てみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

日本国憲法って、どんなもの?

 
日本国憲法は、前文と、
11章103条からなる本文から、成り立っています。

 
一般的に、この憲法の柱と言われるのが、
次の3つの原則ですね^^

 

088904

  1. 国民主権
  2. 基本的人権の尊重
  3. 平和主義

 

holiday4

 

国民主権とは、国の意思決定の権利は、
天皇や議会ではなく、国民にあるということ。

 
基本的人権の尊重とは、人間が人間らしく
生きるために、
生まれたときから
持っている権利を保障するもの。

 
そして、平和主義とは、戦争や暴力、
軍事力を否定し、争いごとは、
平和的に解決するということ。

 

そのほか、天皇には、政治的権力はなく、
国の象徴とすることや、

国会、内閣、裁判所の三権分立などが、
定められています。

 

最近は、よく、憲法の改正・・・なんて、
声を聞きますが、施行されて、ほぼ70年、
まだ1度も改正されたことがないんです。

 
改正するための方法は、
他の法律とは違って、
総議員の3分の2以上が賛成したあと、

国民投票で過半数の賛成が、必要なんですね。

 

ちなみに、国民投票を行うための法令は、
2007年に制定されたそうです。

 

 

いかがでしたか?

 
賛否両論のある日本国憲法ですが、
この機会に勉強してみるのも、
おもしろいのではないでしょうか(^^♪

 - 5月

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です