知的な日々の過ごし方

女性の一人旅!行ってよかった北海道のおすすめ5選!

      2017/03/27

日本で一番面積が大きい都道府県、北海道。

 
冬は極寒ですが(笑)梅雨はないし、夏は快適だしで観光にはもってこいの場所ですよね♪

 

スポンサーリンク

 

私もよく1人で旅行に行くぐらい好きな場所です。

 
魅力的なところが多いし、まわりたいと思う場所はいくらでもあるのですが、北の大地はやたら広いので、一度の旅行であれもこれもと欲張ることはできません。

 

札幌から3時間も4時間もかかる、下手したら移動で半日終わっちゃうぐらい遠いところなんて、フツーにあります(笑)

 
なので北海道観光は、たとえ行きたいところがたくさんあっても、無理にでもしぼって行くのがポイントなんです。

 

そこで今回は、北海道へよく一人旅に行く私が

中でも特に「ここに行ってほしい!」という場所を、いくつか紹介したいと思います!

 

一人旅におすすめの北海道の観光地!

 

① 大通公園

札幌中心部にある大通公園は、ビアガーデンやYOSAKOIソーラン祭り、雪まつりなど、さまざまなイベントが行われており、大通西1丁目から大通西12丁目まで、約1.5キロメートルもの距離のある大きな公園です。

 
hokkaido (4)

 

私は、特にイベントをしていなくても、1人で行ったときは必ず通って散歩をしています。

 

ビアガーデンは、「暑いのに外で食べ物やお酒を飲むなんて・・・」と思う人もいるかもしれませんが、北海道の夏って暑いのは暑いんですが、湿気が少なくすごくカラッとした暑さなので、外で過ごすのは意外と気持ちよかったりするんですよね。

 
私はお酒が飲めないので、横を通り過ぎるだけだったのですが、みなさんとても楽しんでらっしゃいますよ(^^♪

 

  • もし2月に大通公園に行くなら・・・

誰もが知っている、サッポロ雪まつりは毎年2月初旬頃から、1週間ほど行われています。

狙っていってみるのもありでしょう。

 
ただし、雪まつりは寒~い時期ですから、服装や持ち物には、注意してくださいね! 
 ⇒札幌雪まつりに行くなら!失敗しない服装とは?

 

また、大通公園にはテレビ塔があります。

 
公園側からもよく見えるので、私はよく道に迷ったときの目印にしているのですが(笑)、テレビ塔の展望台からは公園と札幌の街がよく見えておすすめです!

 
夜景もなかなかきれいなので、ぜひ一度登ってみてください^^

 

テレビ塔

住所:札幌市中央区大通西一丁目
入場料:大人720円 高校生600円 中学生400円 小人300円

 

② 小樽運河

札幌から電車で約40分ほど。

 
小樽市は、町全体が倉庫やガス灯など、レトロな雰囲気あふれる町なんです。

 
観光地としてとても人気の町ですが、中でもぜひ行ってほしいのが、小樽運河。

 
hokkaido (2)

 
小樽といえばコレ!ってとこですよね。

 
運河と言っても、そんなに規模の大きいものではありませんが、ノスタルジックな雰囲気がとてもいい感じで、わたしは大好きです。

 

運河は昼間もいいんですが、見るなら、やっぱり夜をおすすめしたいです。

 
道路沿いの街灯もきれいだし、近くにある倉庫のネオンが水面に映るので、とても幻想的な風景と出会えます♪

 
まわりにも、いろんなお店があるので、ぜひ散策してみてくださいね。
ただ、18時ごろで閉まってしまうお店もあるので、お早めに!

 

スポンサーリンク

 

③ 函館山からの夜景

ナポリ、香港と並んで「世界三大夜景」として、その名を連ねる函館山からの夜景はもう・・・  圧巻です。

 
初めて見たときは、言葉が出ませんでした。

 

私は、「函館に行ったら絶対行きたい!」と思っていた場所だったので、昼間に1回、夜に1回と、2回も登ってしまいました(笑)

 
hokkaido (3)

 

登るといっても、歩いてではなく、ロープウェーがありますのでご安心を。

函館山ロープウェイ
http://334.co.jp/ropeway/price/

 

④ 五稜郭公園・五稜郭タワー

函館といえば、ここも忘れてはいけません。

 
新撰組の土方歳三の最期の戦場とされている五稜郭です。

あの星型のやつですね。

 
hokkaido (1)

 
すぐ近くには、五稜郭タワーがあり、1階にはお土産屋さん、2階には函館で有名な五島軒があるので、おいしいカレーが食べられます。

 
上へ登ると、幕末~明治の志士たちや、箱館戦争の資料などが展示されています。

 
ぜひ登って、五稜郭の歴史をたどりつつ、美しい星型と、壮大な函館の街を見てみてください。

 

ちなみに、ここ五稜郭公園は、さくらの名所でもあるんです!
約1600本もの桜の木があって、4月下旬~5月上旬に函館に行くなら、一見の価値ありです。

狙って行ってみてもいいですね。ライトアップもきれいですよ♪

 

⑤ 美瑛町(びえいちょう)

丘のまちと言われる、富良野のお隣が、美瑛町。

 
「これぞまさに北海道!」というような風景が楽しめ、町全体が観光地と言ってもいいぐらいです。

 
おすすめなのは「青い池」と「パッチワークの路」。

 

青い池

 
青い池は、本当にきれいです。

 
hokkaido

 
ダムによってせきとめられた池は、含まれているアルミニウムの影響で、きれいな青色になるのですが、その色は「本当にこんな青色が
世の中に存在するのか・・・」と、まるで夢でも見ているかのような気分にしてくれます(^^;

 
きっと、何枚でも写真を撮りたくなろと思いますよ!
でも、後から見ると、同じような写真に見えるんですけどね^^

 

青い水面と一緒に、秋は紅葉、冬は雪をかぶった木々たちが見られるので、季節によって楽しみ方が変わるのも、魅力のひとつです。

 

パッチワークの路

パッチワークの路というのは、美瑛の北西部に広がる丘陵地帯を走る道のこと。

 
道の両側には、とても広い農地が広がり、建物など、景色をさえぎるものが一切ありません。

 

区画ごとに、それぞれ違う農産物が植えられているので、色合いも異なり、それが、手芸のパッチワークに似ているということで、この名前がつきました。

 
ここで、ぜひとも見てほしいのは、

  • タバコのパッケージにも使われていた、セブンスターの木。
  • 日産スカイラインのCMに使われたポプラの巨木。
  • 高台から見える、まるで絵画のような彩り溢れる風景。

 
どれも本当に素晴らしく、心洗われますよ。

 


 

おすすめの観光地、いかがだったでしょうか?

 
北海道はほんと、魅力的な場所がいっぱいです。

 
ただ、最初に伝えたとおり、とても広いので、ひとつひとつが遠いです。

 
だから、「札幌に行って、次の日は美瑛に行って、函館もついでに行って・・・」

なんてのは、無理です。

 
なので、場所を調べ、時間やお金と相談しつつ・・・

ビシッと行きたいところを決めて、有意義な北海道旅にしてくださいね♪

 - 旅行

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です