知的な日々の過ごし方

イースター(復活祭)とは!いつ何をする日なの?2017年は?

      2017/02/24

日本では、キリスト教が起源のお祭りが数多く知られていますよね。

  • 10月31日のハロウィン、
  • 12月25日のクリスマス、
  • 2月14日のバレンタインデーなど・・・

毎年、日本中がにぎわうイベントです。

 
そんな、キリスト教に関係するお祭りの中に「イースター」というお祭りがあることをご存知ですか?

日本では、あまり、なじみもないけれど、イースターは、実は、クリスマスよりももっと重要視されているお祭りなんですよ!

 
今回は、イースターとはいつ、どんなことをする日なのか、詳しくお話していこうと思います^^

スポンサーリンク

 

今年のイースターはいつ?

クリスマスとか、バレンタインデーって、毎年同じ日なんで、「今年は何日だっけ?」って考える必要がないんですけども、

  • イースター(復活祭)は、毎年日が変わります!

しかも、その振れ幅は、3月末から4月後半までと、ころころ変わるので厄介です。

 
ここ数年だけ見てみても、

  • 2013年3月31日
  • 2014年4月20日
  • 2015年4月5日
  • 2016年3月27日

見事にバラバラです・・・

 
さて、気になる今年のイースターの日付は、

2017年4月16日 日曜日 です!

 
一応、毎年日曜日に決まっているみたいなんですが、いったいどんなルールで日付が決まっているのか気になりません?

イースターの日付の決め方は?

調べてみると、

  • 「イースターの日付は、その年の春分の後の、最初の満月の後の、最初の日曜日で決まる。」

という、なんともややこしいルールで決められているんです!

 
そのせいで、コロコロと毎年毎年、日付がかわるんですね~。

 

イースターとは何の日?

日付がわかったところで、素朴な疑問に行ってみましょう。

 
ところで、イースターって、いったいなんなの??

 

はい、その答えは、

check

イースターは、日本語では『復活祭』。

 
キリスト教では、イエス・キリストは、十字架にかけられましたが、その死後、3日目によみがえったとされています。

 
その復活を記念して行う行事のことを「イースター」と言います。

 

このイースターというお祭りは、キリスト教では、クリスマスよりも重要な行事と考えられており、もっとも古い祭事なのです。

 
easter (2)

 
また、イースターという名前は、ゲルマン神話に出てくる、春の女神「エオストレ」に由来していることから、キリストの復活を祝うということ以外に、春の始まりを祝う祭りであるとも言われています。

 

あと、ちょっと余談ですが・・・

モアイ像があることで知られるイースター島という島がありますよね?

 
この名前は、1722年にオランダの探検家、ヤコブ・ロッヘフェーンが、復活祭の日にこの島を見つけたことから名づけられたと言われているんですよ^^

 

スポンサーリンク

 

イースターってどんなことをする日?

 
この日は、クリスマスと同じように家族でごちそうを食べてお祝いをします。

 
イースターの前の40日間は、四旬節(しじゅんせつ)と呼ばれており、この間は、肉・卵・乳製品を食べることが禁じられていました。

 
そして、この復活祭の日に解禁になり、肉料理やバター、牛乳などを使ったお菓子、パンなどがたくさん食卓に並ぶのです^^

 
easter (1)

 
また、ごちそうを食べて祝うだけではなく、子どもたちが、イースターエッグ(復活祭用に染められたゆで卵)を使って「エッグハンティング」という遊びをしたりします。

 
これは、部屋や庭などに卵をかくし、それを探して見つけ出すというものです。

 
ほかにも、卵をスプーンの上に乗せて競争する「エッグレース」、卵を割らないようにして転がす「エッグロール」という遊びもあります。

 
これらの遊びは、一般的によく知られているもので、ギネスに載るほど、大々的な大会が行われるところもあるんだとか。

 

イースターと卵の関係に、ウサギまで登場するお話はこちらです♪
 ⇒イースターエッグの意味!うさぎとも関係がある?

 
そして、イースターの日は、世界各地で、いろんなイベントが開催されています。

 
ニューヨークでは、「イースターパレード」という規模の大きなパレードが行われます。

一方、オーストラリアでは、春の訪れを告げる行事として、イースターの2週間ほど前から広場には、オースタン・マルクト(イースター市)が立ち、イースターエッグなどの復活祭グッズや、骨董品、芸術品の屋台が出たりします。

 
たくさんの飲食店の屋台が出たり、子ども向けの行事も行われたりして、大変にぎわうようですよ(*´ω`)

 
また、欧州や北米では、為替市場は、復活祭の金曜と、終わった後の月曜は、休場となります。

 
このことからも、やっぱり、キリスト教徒にとっては、とても重要な意味を持った日であることがわかりますね^^

 


 

いかがでしたか?

 
日本では、まだメジャーではありませんが、ディズニーランドでは、イースターのイベントをやっていたり、お菓子屋さんで、チョコレートのイースターエッグが売られていたり、少しずつ広まっている感じはありますよね(^^♪

 
あなたのまわりでも、イースターのイベントを探してみてくださいね!

 - ピックアップ,

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です