知的な日々の過ごし方

運動会のお弁当!きれいに見える詰め方のコツは?

      2016/02/04

運動会の季節といえば、秋!

でも、最近は、春に運動会をする学校も、
増えているんですよね~

 
子どもたちはもちろん、
親だって盛り上がる、運動会。

一生懸命がんばる、子どものために、
おいしいお弁当を作ってあげたいですよね。

 

スポンサーリンク

 

運動会のお弁当を作るには、
「どんなおかずを入れるか」ということも、
もちろん大事ですが、

「どれだけきれいに詰められるか」
ということも重要ですよね。

 

お弁当箱に、ご飯やおかずを詰めるのは、
簡単なように思えて、意外と頭を使います。

 
全体の色のバランスを考えたり、
隙間を作らないようにしたり・・・

 
しかも、運動会となると、
ピクニックで使うような、大きめの
お弁当箱や重箱を用意すると思いますので、

余計に、そう感じるのではないでしょうか。

 
見た目は、やっぱりきれいな方が、
子どもも、きっと喜んでくれますし、
食欲も、より一層沸いてくるというもの!

 
そこで今回は!

きれいに見せるための詰め方のコツや、
詰める上で気をつけたいこと
などを、
ご紹介していこうと思います!

 

失敗のないお弁当の詰め方

 
arrow 1、ご飯ものを詰める

まずは、1番のメインを、
ドーンと詰めちゃいましょう!

 
lunch (2)

 

このとき、あら熱は必ずとっておくのが、
ポイントです。

これは、そのまま詰めてフタをしてしまうと、
熱気が冷めて水気となり、
お弁当が痛む原因になってしまうからです。

 
ご飯に限らず、おかずもそうですが、
熱いものは、冷ましてから詰める。

これが基本です!

 

arrow 2、メインのおかずを詰める

唐揚げなどのメインは、大きいものが
多いので、
先に詰めておきましょう。

 
後にまわすと、「入らない・・・」
なんてことになりかねませんからね。

 

arrow 3、小さなおかずですき間を埋める

大きいものを詰めたあとに、
すき間を埋めるような感じで、
小さいおかずを詰めていきましょう。

 
詰めにくい物があれば、カップなどを
使ってください。

 
この場合、まずカップを詰めてから、
他のものを詰めていって下さい。

カップが仕切り代わりになってくれて、
詰めやすくなりますよ^^

 

スポンサーリンク

 

きれいに見せる詰め方のポイントは?

 
卵焼きなどは、切り口を上に向けて
詰める方が、おいしそうに見えます。

 
エビフライなど、フライ系があるなら、
レモンを添えたりすると、彩りになっていいかも!

 
お肉など、茶色のおかずには、
ピックをつけると、色が足されて見栄えもUP。

ピックには、いろんな柄のものがあると
思いますが、運動会のお弁当の場合であれば、
万国旗のピックだと、
「運動会」って感じがしていいですね^^

 
きれいに見せるには、同じ色のおかずを、
並べて詰めないようにする
のも、ポイントです。

いろんな色を散りばめるようなイメージでね。

 
こうやって、見た目や色合い、
そして栄養のバランスも考えながら
詰めていくことで、

きれいなお弁当を作り上げることができますよ。

 

lunch

 
また、おひたしや煮物系を入れる場合・・・

 
こういったものは、汁気が出ますよね?

 
これもしっかり対応しないと、
ご飯やおかずが痛む原因になったり、
味を移してしまったり、

汁が染み込んで、見栄えが悪くなったり、
悪影響を及ぼしまくります(+_+)

 
ピクニック用のお弁当箱の場合、
あっちこっち汁気がいっちゃって、
せっかくのお弁当が台無しです。

 
なので、煮物系を詰める際は、
茶こしを使って、汁気を切ってから
詰めるようにしましょう。

 
ちなみに、おひたしなんかも、
時間が経つにつれて、水分が出てきます。

 
こちらは、かつお節やとろろこんぶなどを
まぶしておくと、吸い取ってくれますよ。

こうやって、汁気はできるだけお弁当箱の中に出さないようにしましょう!

 

うまく、詰められたでしょうか?

 
それでもまだ、すき間が空いていたら・・・

 
「ま、いっか」とそのままにしてはいけません。

 
お弁当箱が大きければ大きいほど、
すき間もできやすくなりますし、

また、すき間が多ければ多いほど、
お弁当箱の中で、おかずは動き放題に
なってしまい、型崩れしてしまいます。

 
このすき間をどうするかが、
お弁当をきれいに詰めるのに、大事になってきます。

 
ゴソゴソより、ぎっしり詰まってるほうが
見栄えもいいし、
おいしそうな感じが出ますからね^^

 
そんなすき間を埋めるのに便利なのは、
プチトマトやブロッコリーです。

 
lunch (1)

 

ブロッコリーは、逆三角形の形をしているので、
ちょっとしたすき間を埋めるのにぴったりです!

ほかにも、レタス、きゅうり、
アスパラガスなど
がいいでしょう(*^^*)

 

 

おいしいお弁当で、子どもたちが
ますます活躍できますように^^

 - 学校

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です