知的な日々の過ごし方

バスソルトの効果効能!目的別の選び方は?

      2017/02/16

「バスソルト」という単語を知っていても、

  • 入浴剤と何が違うの?
  • なんとなく身体によさそうだけど、
    実際、どういった効能があるのかは知らない!

という方も、多いのではないでしょうか。

 
実は、バスソルトって、お肌にいい効果がいっぱいあるんです!

今回は、バスソルトの基本的な知識と効果、選び方をお伝えしますね。

 

スポンサーリンク

 

バスソルトってどんなもの?

 
バスソルトとは、その名の通り、入浴するときにお風呂に入れる塩のことです。

また、肌をみがくスクラブとしても、使用されています。

 
欧米では古くから、多くの家庭で使われていたそうですよ!

 
このバスソルトですが、大別すると2種類あるんです。
 

088904

  1. 死海の塩(デッドシーソルト)や岩塩など
    天然塩を成分とするもの
    (主成分は塩化ナトリウム)
  2. エプソムソルト(エプソム塩)
    精製した硫酸マグネシウムを成分とするもの
    (塩と名づけられているけれど、
    塩分は含まれていません)

 

天然塩を成分とするものは、産地によってさまざまな種類があります。

 
その塩分をベースに、香料などで多種多様なフレーバーを混ぜているので、選択肢も豊富です。

 
さあ、このバスソルト、どんな効果が期待できるんでしょう??

 
次は、バスソルトの効果について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

バスソルトの効果

•—˜C

 
肌から、良質なミネラル分を補給できることから、バスソルトには、さまざまな効果が期待できます♪

 

代謝を上げる!

 
天然塩も、エプソムソルトも、どちらも、汗腺に入ってくることで、身体の中の老廃物を排出する効果があります。

 
さらに、体を温かい状態に保つ効果もあるので、代謝を上げることができるんです。

 
代謝が上がれば、体調も良くなるし、お肌もツヤツヤしてくるし、ダイエットにも、つながりますよね!

 

保湿効果!

 
塩分が入っているお湯なら、普通のお湯に比べて、保湿効果が期待できるんですよ。

 
塩には、吸着効果があって、毛穴の老廃物を取り除いてくれるとか。

老廃物がなくなると、皮脂が分泌されお肌がしっとりと潤ってきます。

 
さらに、塩は、皮膚の表面に膜を作ってくれるですって!

その膜が水分の蒸発を、防いでくれるんですよ。

 

マグネシウムの効果!

 
天然塩にもエプソムソルトにも含まれている、マグネシウム。

このマグネシウムの効果が、コレです!
 

  • 腸の働きを整える
  • 新陳代謝を促進する
  • 月経前症候群の緩和
  • 頭痛や偏頭痛を防ぐ

 

ただ注意してほしいのが、この効果は、肌を通して身体に吸収された場合。

 
バスソルトが溶けたお湯は、飲料には適しませんので、決して飲まないでくださいね!

 

バスソルトには、女性にうれしい効果がたくさんありましたね!

 
ところで、どんなバスソルトを選べばいいのか、バスソルトの選び方も、紹介しておきますね。

 

バスソルトの選び方

 
bathsalt2

 
バスソルトには、いろいろなものがありますが、目的に合ったものを選ぶと、さらに、効果が上がります。

 

スキンケアのためなら!

 
肌によい、死海の塩のバスソルトを試してみましょう。

 
皮膚治療で古くから知られている死海の塩は、マグネシウムなどミネラル分を多く含みます。

 
肌をべとつかせず、しっとりさせ、さらに乾燥や肌荒れ、敏感肌を改善する効果があります。

 
ただし、塩分で肌に刺激がある!
という場合には、使用を控えた方が無難です。

 

デトックスと疲労回復には!

 
エプソムソルトがおすすめです。

 
硫酸マグネシウムは、古くから岩塩などと並んで、利用されてきました。

 
代謝に関係する酵素の活性化や、体内の水分を、腸に集める働きがあり、腸に残っている宿便が、体外に排出されやすくなる効果があると言われています。

 
疲労回復の効果もあるため、最近疲れやすい・・と感じる方には、とくにオススメです。

 
むくみがひどい場合は、マッサージに、このバスソルトを利用するのもいいですね。

 

発汗作用でダイエットを目指すなら!

 
ヒマラヤ岩塩が、最適です。

 
宝石のような大きなつぶが特徴のヒマラヤ岩塩は、白やピンクなどの美しい色をしています。

この色は、すべて天然の色だそうです。

 
ほかには、黒い岩塩もあります。
硫黄っぽいにおいが濃厚で、温泉のように発汗作用を高めてくれます。

温泉気分に浸りたい・・・という場合は、黒い岩塩、硫黄のにおいが苦手!という場合は、ピンク色の岩塩がオススメです。

 

 

以上が、バスソルトのベースになる、3種類です。

 
これに、アロマオイルやハーブなどで香りをつけると、さまざまなバスソルトを楽しむことができます。

 
私がよくやるのが、自分で選んだベースに、好きな香りのオイルを垂らして、オリジナルバスソルトをつくること!

 
スプーン大さじ3のソルトを、ボウルにいれて、その上からお好みのアロマオイルを5~6滴ふりかけます。

それを混ぜあわせればできあがり!

 
配合するオイルは、香りだけでなく効能も考慮した上で選べば、さらに効果倍増です。

 

ハーブを使ったバスソルトの作り方も、こちらで紹介していますので、参考にしてくださいね(^^♪
 ⇒バスソルトの作り方!ハーブを使うやり方は?

 

試してみるバスソルトがきまったら、つぎは、正しいバスソルトの使い方が気になると思います。
こちらに書きましたので、あわせてどうぞ^^
 ⇒バスソルトの使い方!おすすめはコレ!

 


 

いかがでしたか?
バスソルトについて紹介しました。

 
まとめると、バスソルトには、

  1. 死海とヒマラヤで取れる天然塩
  2. 硫酸マグネシウムでできているエプソムソルト

とがあって、それぞれに特徴があります。

肌にあう合わないもあると思いますので、少しずつ買って試してみるのがおすすめです。

 
普段のお風呂に、バスソルトが増えるだけでも、けっこうお風呂タイムが幸せになりますが、アロマやハーブを使って、オリジナルを作れるようになれば、もっと幸せに気分なれますよ^^

みなさんもぜひ、試してみてくださいね♪

 - バスソルト

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です