知的な日々の過ごし方

柿にある栄養とは?いい効果がある?N

      2016/09/20

秋の代表的な、旬の果物といえば、「柿」。

秋になると、スーパーや八百屋などでも
よく並んでいるのを見かけますよね。

 
でも柿は、「食べるとおなかが冷える」とか、
「便秘する」とか言って、あまり食べない人もいます。

 

スポンサーリンク

 

確かに、食べすぎるとそういうことも
あり得るのが柿ですが、

柿にまつわることわざで、
「柿が赤くなれば、医者が青くなる」
というのがあります。

 
これは、柿は風邪や肌の不調から、
守ってくれる力があるから、
医者要らずになってしまうという意味。

 
それぐらい、柿はうれしい効果
期待できる食材ということなんです!

 
そこで今回は、柿の栄養や効果など、
柿について、詳しくお話していこうと思います。

 

柿の栄養とその効果!

 
柿の栄養面において、特徴的なのは、
ビタミンCが多く含まれていること。

 
これ、いろんな効果が期待できるんです^^

主なものとしては、下記の通りです。

 

arrow 二日酔いに効く

 
kaki (3)

 

ビタミンCとタンニンが肝臓の働きを良くし、
アルコール分を外へ出してくれます。

 
ちなみに、お酒を飲んだ後だけでなく、
飲む前でも効果はあり、
悪酔いするのを防いでくれるんですって!

 
飲む前にも、飲んだ後にも効果があるなんて、
お酒好きには、何ともありがたい薬効ですね(笑)

 

また、同じ「酔い」で言うと、
乗り物酔い防止のために食べても、
効果があると言われています。

 
ただ、タンニンは、鉄分の吸収を妨げるので、
貧血気味の人は、少し摂取量に気をつけましょう。

 

arrow 風邪予防になる

柿の旬は秋。

この頃は、風邪が流行り始める時期です。

 
ビタミンCやAが、風邪に対抗できる力
(免疫・抵抗力)を強くしてくれるので、

ぜひ積極的に食べて、
ウイルスに強い体を作りましょう。

 
ただし、あまり食べすぎると、
体が冷えてしまったり、
消化不良をおこし、便秘気味になって
しまうこともあるので、あくまでも適量で。

 
1日に1~2個ほどに抑えておきましょう。

 

arrow 動脈硬化の予防になる

柿に含まれているβカロチンが、
血液の流れをよくしてくれるそうです。

 

arrow 美容効果がある

 
kaki (1)

 

これは女性にうれしい効果ですね。

どういう効果があるかというと、

  • シミ予防
  • シワ、たるみ予防
  • むくみ解消

などですね!

 
ビタミンCが、メラニン色素を薄くし、
メラニン生み出されるのを
抑えてくれる効果があるため、

シミを薄くし、増やしにくく
(できにくく)してくれますよ!

 

また、コラーゲンを生み出す、
繊維芽細胞の働きを活発に
してくれる効果もあるので、

お肌の弾力やハリがよくなり、
シワやたるみの予防ができます。

 
そして、むくみ解消に力を
貸してくれているのはカリウム。

 
カリウムは、余分な水分や塩分を
体外へ出してくれる
力がある一方、
熱を加えると、壊れるという弱点があります。

 
なので、柿は生で食べられるからオススメ。

 
むくみは放置すると、老廃物とくっついて
脂肪となってしまうので、

しっかり摂取して、余分な水分たちを
排出していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

優れているのは柿の実だけじゃない!?

 
柿がどれだけ私達の体にいいか
ということは、説明したとおりです。

 
けれど!!

これだけではありません。

 
実は、柿は実だけでなく、
ヘタの部分にも効能があるんです。

 
kaki (2)

 

柿のヘタは「柿帝(してい)」と呼ばれ、
これから作る「「柿蒂湯(していとう)」
という漢方薬が、しゃっくりを
止めてくれるという効果があります。

 
よく、しゃっくりが止まらないときは、
息を止めて、水を飲んで・・・

なんて、いいますが、1カップの水で
へたを10個煮出したものを飲んでみてもいいでしょう◎

 

まだまだある!こんな使い方!

 
これまでは、食べたり、
薬として飲んだり、

とにかく「口から摂取する」して
得られる効果を紹介しましたが・・・

 
まだあります!

 
柿は何と、「外用薬」としても使われているんです!

実は私はコレ、知りませんでした(^-^;

 
渋柿から作った「柿渋エキス」が、
薬局などで売っています。

 
これを、しもやけ・かぶれ・やけど・
打ち身
のほか、ハチなどの虫刺され・
などのときに、患部に塗ると効果を発揮します。

 
痔の場合は塗るだけではなく、
干し柿を黒焼きにして粉末にし、
それを白湯に溶かして飲むと、なおいいようです。

 
ちなみに黒焼きの粉は、歯が痛いときに
歯ぐきに塗ってもいいんだそうですよ^^

 

 

柿の効果、いかがだったでしょうか?

 
食べ過ぎさえなければ、
体に、とってもいいということが
わかっていただけたと思います。

 
食べすぎたら、悪い影響が出る
というのは、柿に限らずですしね。

量を考えながら、季節のおいしい食材を
体に取り入れていきましょう。

 - 栄養

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です