知的な日々の過ごし方

冷え性で足先が冷たい!おすすめの対策は?

      2017/04/09

そんなに気温は低くないのに、足先だけいつも冷たい・・・

さっきお風呂で温まってきたのに寝るときには、すっかり冷たくなってしまってる・・・

 
いつもいつも冷たい足先・・・

 
そんな、つらーい冷え性、どうにか改善したいですよね。

今回は、冷え性の原因や対策について、まとめました。

スポンサーリンク

 

なぜ足先が冷たくなるの?

 
まずは、原因を探ってみましょう!

 

腎臓の不調

 
腎臓の働きが悪いと、特に、足の体液の循環が悪くなり、結果、冷え性につながります。

腎臓が原因の冷えは、足の裏が冷たくなることが多いんですね。

 
足の指もよく冷えますが、指でも裏側が冷たくなる傾向が強いようです。

hie

 
また、冷たいけれど汗で湿っているのも特徴です。

寒いのに足がむくむ・・・という症状も起こりやすく、足はとっても冷たいし、寒いのに脇の下に汗がにじむという人も多いんですよ。

 

自律神経の失調

 
自律神経は、主に体温調整に関わっています。

 
寒さや暑さに、体が対応できるよう、体温を保つはたらきを持ち、暑いときは、汗をかいて熱を放出し、寒い時は筋肉を動かして、熱をつくったり、毛細血管を収縮させて熱を逃さないようにしたりします。

 
でも、過剰な冷暖房やストレスによって、自律神経のバランスが乱れると・・・

 
血液の収縮などで、体温調整がうまくいかなくなり、その結果、冷たい外気にさらされた時に、体が熱を作ったり、熱を奪われないようにできず、「冷え」が生じてしまうのです。

 

とはいっても、冷え性は、小さいころからだから仕方がない!

・・・なんて、言っていてもいいんでしょうか??

 

スポンサーリンク

 

冷えを放置するとどうなる?

 
実は!

point
体が冷えている=免疫力が低下している

という意味なんです。

 

冷え性を放置すると、以下のような影響がでてくる可能性が!

 

膀胱炎になる

 
特に女性は一度は、なったことがあるかもしれません。

普段は、体に侵入しても平気な細菌が、免疫力が低下した体に入ってしまうことにより起こる症状です。

 
膀胱内の粘膜温度が、36~38度にきちんと保たれていれば、
かりに細菌に侵入されても、繁殖・感染することはありません。

 

慢性リウマチ

 
冷え性を抱えることで、末梢神経にストレスが生じ、血管が萎縮してしまうことがあるそうです。

それがきっかけとなって、リウマチを発症してしまうことも・・・

 
特に、30代から40代の女性が発症するリウマチは、体の冷えが原因になると言われています。

 

自律神経失調症

hie2

 
なんとなく体調が悪い、情緒不安定でイライラするといった、診断するのも難しい病気です。

血液の流れをコントロールする自律神経が、うまく働かないことによって起こる冷え性は、今後起こる、自律神経失調系の症状の氷山の一角かもしれませんΣ(゚Д゚)!!!

 
「ただの冷え」と思っていたら、もっとひどい症状につながることもあります。

また、自律神経のバランスが崩れると体が冷え、冷えると自律神経の働きに影響する・・・と、負のスパイラルにハマってしまいます。

 

ただ、足先が冷たいだけだと思っていた「冷え」、放っておくと、怖そうです・・・

冷え性を防ぐ・改善するにはどうしたらいいのでしょう??

 

どう対策したらいいの?

 

ミネラル・ビタミンを豊富に含んだ食事にする

hie3

 
例えば牡蠣(かき)は、亜鉛などのミネラル、ビタミンB1やB2といったビタミンが多く含まれています。

そのような食材を多く摂るか、難しい方はサプリメントを活用するのも手です。

 
というのは、ミネラルやビタミンが不足すると食べ物からエネルギーや熱を作ることができないのです。

体温が上がらなくなる原因の1つなので、適度に摂るように心がけましょう。

 

水分補給

 
冷え性の方で、尿が近くなる傾向のある方は、水分をよく取るようにします。

冷たい飲み物は、すぐ尿として出てしまうと感じるなら、温かい汁物で水分補給するようにしましょう。

 
適度に塩分も含まれていると、吸収がよくなるようです。

上手に水分補給することで、血の巡りが改善され、体の代謝が促されます。

 
ただし、くれぐれも、塩分のとりすぎには気をつけてくださいね(^^♪

 

足湯

 
温かいお湯に足をつけます。

応急処置だけでなく、慢性的な冷えの解消策でも有効です。

足を温めることで、体液の循環を促しますし、血流がよくなることで、血管の萎縮も軽減できますね。

 


 
ところで、私の失敗談ですが・・・(;´∀`)

寝るとき、足が冷たくなるからと言って、靴下を履いて寝るのはNGだそうです。

 
靴下で締めつけることによって、血行不良を招いて逆効果なうえに、また、寝ている間の体温調節を狂わせてしまうそうです。

 
冷え性は、放っておくと、さらに病気を招いてしまう可能性があります。

今のうちに対策をしておきましょう(^^♪

 - お悩み

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です