知的な日々の過ごし方

妊娠中のつわり!いつまで続くの?N

      2016/09/18

妊娠中のツラ~いつわり・・・

症状や程度は、人それぞれですが、
決して、楽なものではありませんよね~

 
いつまで続くのか・・・

こんな状況で、赤ちゃんはちゃんと育つのかな・・・

 

スポンサーリンク

 

そんな不安が、どんどんでてくるんですよ!

 
私自身も、妊娠中につわりを経験し、
とてもしんどい思いをしました。

 
そこで、今回は
妊娠中のつわりはいつまで続くのか?
についてお話したいと思います。

 

つわりとは?どんな症状?

 
つわりは、妊娠によるホルモンの変化、
と考えがちですが、

実のところ、はっきりした原因は
不明なんだとか!

 
昔から、妊娠~出産を経験する女性は
たくさんいるはずなのに、
まだ解明されていないなんて、

とっても不思議な気もしますよね・・・

 
tsuwari

 

今のところ、

  • ホルモンの変化
  • 自律神経のバランスの異常

などが、原因となっている可能性がある、
と言われています。

 

つわりの症状は、本当に、人それぞれですが、

  • 嘔吐・吐き気
  • イライラや不安
  • 眠気
  • 頭痛
  • 便秘や下痢
  • 疲れやすい

 

吐き気がするという症状は、有名ですが、
ほかにも、こういった症状が、多いようです。

 

ところで、このつらい症状、
いつごろから始まって、
いつごろ終わるのでしょう??

 

スポンサーリンク

 

つわりはいつから?いつまで?

 
なんだか最近、体調が悪いな・・・

と思って病院に行くと、
妊娠していることがわかった、
という人も多いかもしれません。

 
つわりの症状があったことで妊娠が判明した、
という人は意外に多いようで、

あるアンケートでも
妊娠2ヶ月(4~5週)あたりに
つわりが始まる、
という人が最も多かったそうです。

 
そして、つわりのピークは
およそ妊娠8~11週あたりだと言われています。

 
胎盤が完成する時期でもある
妊娠12~15週ごろにはおさまることが多いそうです。

 

tsuwari1

 

ですが!!

つわりが続く期間には、個人差が大きく
出産までつわりが続く、という人もいるんです。

 
また、
1人目の妊娠はつわりがなかったのに、
2人目の妊娠ではつわりがひどい、
というような人もいます。

 
妊娠・出産の回数と、
つわりの期間や症状には、
あまり、関係がないようなんですね・・・。

 

私はの場合は、つわりで妊娠が判明し、
妊娠4~5ヶ月(12~19週)頃がピークで
7ヶ月(25週前後)頃にようやくおさまりました。

 
さきほど書いた目安の期間とは
大きくズレていますよね・・・。

 
なかなかつわりがおさまらず、
長い期間、しんどかったなぁという記憶があります。

 
ですが、疲れや不安が、つわりを悪化させる
という話も聞きますよね。

 
つわり症状のツラさや不安、疲れが
さらに症状を長引かせている・・・
なんてことも考えられるかもしれません。

 

ちなみに、お腹が大きくなってきてから
吐き気、便秘などの症状が出てくる場合も
ありますが、これは、つわりではありません。

 
赤ちゃんが大きくなってくると、
胃や腸が圧迫されて、
むかつきや便秘などの症状がでてくるためです。

 

つらい症状、長引くと大変ですが、
少しでも楽になる方法、あるんでしょうか?

 

ツラいつわりの対処方法

 
つわりの対処法としては、
リラックスすることや、
気分転換をすること
が、いいと言われています。

 
睡眠をしっかりとったり、
家事なども、家族に協力してもらいましょう。

 
tsuwari2

 

便秘や、匂いに敏感になるといった症状には
直接、効果はないかもしれません。

 
ですが、疲れをためないことや、
不安やストレスを軽くすることで
つわりの期間が、短くなるかもしれませんね。

 

 

つわりの期間について、お話ししました。

 
つわりがあると、ふさぎ込んだり
不安になりがちです。

 
ですが、つわりがあるのは
赤ちゃんが育ってくれている証拠でもあります!

 
あまり深く考えず、少し体を動かしたり、
おいしいもの(食べられるもの!?)を食べたりして

「いつか終わる!」
と前向きに考えてみましょう。

 
そして、不安なことは
家族や友人に話してみましょう。

 
そうしているうちに、
いつのまにかつわりがなくなってる!

・・・なんてこともあるんです。

 
ただし、あまりにも、つわり症状がひどいと
赤ちゃんの成長の妨げになってしまいます。

吐き気や嘔吐がひどく、
水分すら吐いてしまうような場合
病院を受診しましょうね。

 
それでは、つらい症状を乗り切って、
元気な赤ちゃんが生まれますように(^^♪

 - 生活・ライフスタイル

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です