知的な日々の過ごし方

二日酔いの頭痛がつらい!上手な解消法は?

      2016/02/05

春になると、歓送迎会やお花見など、
お酒を飲む機会が増えてきますよね!

 
楽しくてついつい飲み過ぎてしまい、
翌日の二日酔いがつらい・・・

なんて経験、ありますよね!?

スポンサーリンク

 

二日酔いの症状の中でも、特に、
頭がガンガンと痛む、頭痛症状は、
なかなか解消されず、つらいんです。

 
「もうお酒は一生飲まない!」なんて、
思わず、宣言してしまったことが、何度もありました。

 
それでも、頭痛がおさまると、
またまた飲んでしまう・・・

 
そんな、私と同じような失敗を繰り返している!?
あなたのために、今回は、
頭痛の対処法について、紹介していきますね。

 

二日酔いの原因を知ろう!

 
二日酔いの症状は、主に、
アセトアルデヒドにより引き起こされます。

 
アルコールは、肝臓で、
まず、アセトアルデヒドに分解されます。

 
hangover (1)

 

通常はアセトアルデヒドから、
水と二酸化炭素にまで、分解されるので、
二日酔いは起こりません。

 
ですが、お酒を飲み過ぎると・・・

分解が追いつかずに、
アセトアルデヒドのまま、
血中に残ってしまうのです。

 
これが二日酔いの症状を引き起こす状態なのです。

 

アセトアルデヒドが、
直接、頭痛を引き起こすほかに、

アルコールによって、
血管が拡張して神経を刺激することも、
頭痛の原因として挙げられます。

 

また、アルコールにより、
血管が脱水状態となることでも、
血管を拡張させ、頭痛が引き起こされます。

 
ガンガンと頭が痛むのは、
広がった血管が脈を打つリズムで、
神経を圧迫している状態なのです。

 

では、二日酔い頭痛を解消するためには、
どうしたらよいのでしょうか。

 
上で述べた原因を解消すること、
つまりアルコールの分解を促し、
血管を収縮させるとよいのですね。

 
具体的な方法を挙げていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

二日酔いの解消法はコレ!

1、ウコン

 
二日酔いにはウコンが効く、という話は
聞いた事があると思います。

 
ただし、ウコンの種類によっては、
二日酔いに全く効果のないものもあるので、
よくパッケージを見て購入して下さいね。

 
二日酔いに効果的なウコンは、秋ウコンです。

 
秋ウコンの成分である、クルクミンが
肝臓の働きを促して、アセトアルデヒドを
分解してくれるのです。

 
hangover (2)

 

ウコンは、飲酒前か飲酒後、
どちらに飲むのがいいか、ということも
気になりますね。

 
ウコンは薬ではありませんし、
粉末やドリンクといった、様々な形状が
ありますので、一概にどのタイミングが
効果的かは言えないと思います。

 
飲酒前に飲むという人が、多いようですが、
二日酔いは、血中にアルコールが
残っている状態ですので、

飲酒後にウコンを飲んでも、
効果はありそうですよね。

 

2、糖分の補給

 
次に、アルコールの分解を促すには、
糖分も、必要になります。

 
チョコレートやアメなどの、
甘いお菓子などでも構いませんが、

より効果的なのは、果物に含まれる
果糖という糖分です。

 
その中でも、オレンジジュースや
グレープフルーツジュースが最も効果的なんだそう。

 
hangover1

 

ただし、果汁100%でないと、
効果が得られませんので、注意して下さい。

 
ただし、アルコールの影響で、胃の粘膜が
剥がれたり、荒れたりしている場合もあります。

 
そういった場合には、果汁100%の
ジュースが刺激となって、
吐き気が強くなる可能性もあります。

 
二日酔いで吐き気もあるという人は避けましょう。

 

3、カフェイン

 
コーヒーや緑茶などに含まれる、
カフェインには、血管を収縮させる
作用があり、頭痛の解消には効果的な成分
です。

 
ですが、先ほども言ったように、
カフェインを多く含むコーヒーなどは
刺激物ですので、胃に良くない場合もあります。

 
血管を収縮させる方法には、単純に
冷やすということも、効果があります。

冬だと少々寒いかもしれませんが、
氷枕を使ったり、保冷剤で、首から
後頭部辺りを冷やすと
効果的です。

 

4、水分の補給

 
hangover2

 
脱水の改善、という意味では、
水やお茶などをしっかり飲み、
水分を多く摂取する事も大切です。

 
スポーツドリンクは、
糖分やミネラルも含まれているので、
脱水の改善には、ぴったりの飲み物ですね。

 

 

いかがでしたか?

 
少しでも、頭痛が改善されたらいいですね!

 
ちなみに、頭痛に鎮痛剤を飲んでいる人も
いるかもしれませんが、薬の使用は要注意です。

 
薬は通常、肝臓で代謝されますので、
アルコールで弱った肝臓には、
負担がかかることにもなります。

胃にも同様に負担がかかります。

 
絶対にダメ、ということはありませんが、
できるだけ、使用は控えたほうがいいでしょう。

 

二日酔いにならないように、
お酒を楽しむのが一番ですが、

もし、二日酔いをしてしまった場合のために
対処法をしっかり覚えておきましょう。

 - 改善

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です