知的な日々の過ごし方

中学生への入学祝い!一般的な相場は?

      2016/02/08

早いもので、もうすぐ春がやってきますねー。

 
春と言えば、入学シーズンです。

 
親戚などに入学する子どもがいるなら、
入学祝いを贈ろうと、考えている方も
いるかと思います。

 
小学校の入学祝いの場合は、
まだ子どもも小さいですから、
お金はやはり、親の手に渡りますが、

中学生ともなると、本人の手に
渡ることもあるでしょう。

 
そんなときに悩むのは、やはり
「いくら渡せばいいのか?」ということ。

スポンサーリンク

 
中学生への入学祝いの相場って、
一体どれぐらいなんだろう??

 
そこで今回は、入学祝いの金額に
悩む方のために、一般的な相場を調べてみました!

 
贈る相手との関係によっても
異なりますので、それも、説明していきますね!

 

入学祝いを贈る相手は?

 
入学を控える子ども、といっても
「贈りたい相手との関係」というのは、
人によってさまざまですよね。

 
自分の子どもへなのか、
甥や姪っ子へなのか、
仲のいい友人や会社の同僚の子どもへなのか・・・

 
入学祝いの相場というのは、
その贈る相手によって変わってきます。

 
そして相手によっては、入学祝いまで
贈る必要はない、という場合もあるのです。

 
なのでまずは、
どんな相手に贈るのがベストなのか?
ということを説明していこうと思います^^

 
何も知らず、自分の周りの子どもみんなが
入学するたびに、入学祝いをポンポン
贈っていてはキリがありません。

破産してしまいますからね(笑)

 
entrance

 
入学祝いは、ごく親しい身内だけに
贈るのが一般的です。

 
友人や、会社の同僚などに贈らなくても
失礼にはあたりません。

 
ですので、贈る相手は、

  • 自分の子ども
  • 兄弟・姉妹
  • 甥っ子や姪っ子
  • とても親しい友人の子ども

 
ぐらいかな、と思います。

 

ちなみに、ちょっと余談ですが・・・

入学祝いを贈る時期は、だいたい
2月~3月ぐらいから、入学式が始まる
2~3週間前まで
がマナーとされています。

 
中学の場合は、義務教育ですから、
必ず入学することが決まっていますので、
早めに準備をして、3月初旬~中旬に
贈るようにしましょう。

 

たまに、あまり会わないからと
お正月にお年玉と一緒に渡すという方も
いるようですが、

これだと入学まで4ヶ月もありますから・・・

 
「え、今!?」って感じになっちゃいます(笑)

 
また、入学後に贈ってはいけない
ということもありませんので、

入学後、初めて会ったときに贈る、
という形でも構いません^^

 

贈る相手がわかったところで、本題である
「入学祝いの相場」の話へ入りましょう。

 

スポンサーリンク

 

中学生の入学祝いの相場は?

 
入学祝いの相場は、贈る相手によって、変わってきます。

 

子ども・兄弟へ  
 1万円~2万円

甥や姪っ子などの親戚へ
 5000円~1万円

友人の子どもへ
 3000円~1万円

 
といったところでしょうか。

 

ただし、これは、あくまでも目安です。

 
贈る相手との関係や、親密度によって
変わってきますし、贈る側の年代
高くなれば、金額も、高くなる傾向にあります。

 
不安であれば、少し多めに渡す方がいいでしょう。

 

・・・ただあまりにも多すぎると
相手が困ってしまいますからね。

 
その加減が難しいかもしれませんが、
相手が気を遣わないぐらいの金額を選びましょう。

 

 

いかがでしたか?

今回は、中学生への入学祝いについて
お話ししました。

 
ぜひ、参考にしてくださいね(^^♪

 - 子育て

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です