知的な日々の過ごし方

眠りが浅い!?原因は?改善方法は?N

      2016/09/20

たくさん寝たはずのに、
眠りが浅いのか、寝た気がしない。

仕事や勉強に集中できなかったりして、
その日の生活に支障をきたす・・・

なんてことありませんか?

 
実は、私も、ほぼ毎日そんな感じです( ´Д`)=3

  • なぜ、眠りが浅くなってしまうのか。
  • そもそも、なぜ人は眠らなければならないのか。

私の様に眠りが浅い人のために、
その原因や改善方法を、調べてみました。

 
まずは、どうして眠らなきゃいけないの?
という疑問から見ていきますよ!

スポンサーリンク

 

眠りの必要性とは?

 
人間はなぜ睡眠が必要なのか?

その疑問は、まだ完全には解明されていない
部分
もあります。

 
ただやはり、体や脳を休めて、
生命を維持していくためには
欠かせないことだと考えられているんですね。

 

例えば、次のような効果があります。

sleep1

 

疲れを取るため

 
仕事などで疲れるのは、何も肉体労働
している人だけではありません。

デスクワークなど、
体をあまり動かしていない人でも、

実は同じようにたくさんのエネルギーを
使っており、
脳も活発的に動いています。

 
これは普段、学校や部活に勤しむ学生も同じこと。

 
その溜まってしまう疲れを取るためにも、
睡眠は必要ですよね。

 

ストレス解消のため

 
ストレスを貯めすぎると、
うつ病や不眠症などの病気
発症する可能性が高くなります。

しっかり寝て、脳を休ませることによって
病気のリスクを少しでも低くするという意味でも、
睡眠は効果的な方法です。

 

病気から体を守るため

 
人は眠ることで白血球、赤血球、
リンパ液
などが作られ、血の流れを良くし、

病気などから体を守る力
作ってくれるという動きがあります。

 
他にも、いつも働いている心臓を休ませたり、
体の組織の修復・再生・代謝を行う働きが
あると言われる成長ホルモンが分泌されたり、

いろんな病気に対しての免疫力をつけることができます。

 

こんな風に、人間が生活していくうえで
欠かせない睡眠ですが、

深くしっかりと眠れず、浅くなってしまう原因
どこにあるんでしょう?

 

次は、眠りが浅くなる原因と、その対処法について
お話していきますね!

 

スポンサーリンク

 

眠りが浅くなる原因とは?

 
せっかく眠りの世界に入っても、
現実へ引き戻されるのは辛いですよね。

ここでは、特に多いと思われる原因について、
見てみましょう。

 

トイレに起きる

sleep2

 
夜中に目が覚めてしまう理由として
よく挙がるのが、夜中の「トイレ」。

どうしても我慢できず、結局、
眠気が覚めてしまった、
なんて方も多いのではないでしょうか。

 
夜中のトイレがイヤだから、
寝る前の水分は控える・・・

という人もいますけど、必要な水分を取らないのは
体にもよくないですよね~

 
夜に起きてトイレに行くのは、面倒でも必要なこと!

 
でも、トイレに行ったことで、
そのあと寝られないなら、

トイレの明かりが原因になっている
場合もあるんです。

暗闇から一気に明るい光を浴びると、
脳が覚醒してしまい
眠れなくなるということも多いようです。

 
可能であれば、間接照明などを使って
薄暗い明かりですませると、
そのあとの眠りが違ってきますよ(^^♪

 

寝る前にお酒を飲む

sleep3

 
よく、寝る前にお酒を飲んで
眠気を誘おうとする方がいますが、
これはあまりオススメできません。

 
アルコールを体内に入れると、
内臓がそのアルコールを分解しようと
動き出してしまうからです。

 
眠れたとしても、眠りが浅くなってしまい、
疲れも取れず、朝を迎えてしまいますΣ(゚Д゚)!!!

 
だったら・・・
飲まなければいい!!

・・・と言ってしまえばそれまでですが、
お酒が好きな方は、一日仕事を頑張った
自分へのご褒美に飲みたいって
思うこともありますよね。

 
ですが、アルコールを摂取したということは、
もう体を動かしていることと同じようなもの。

夜にお酒を飲む場合は、寝る3時間前を心がけましょう!

 

寝る直前の行動

 
寝る直前に、

  • ご飯を食べた
  • 激しく体を動かした

などがあると、体が興奮状態になり、
体温も上昇するようです。

仮に眠れたとしても、なかなか体温が下がらず
深く眠りにつくことが難しくなります。

 
夕食は寝る3時間前、入浴なども2時間前には
終わらせることが理想です。

そうすることで、寝る頃には体温が下がり、
深い眠りにつくことができ、熟睡できます。

 
体を動かすのも、就寝3~4時間前までには
終わらせて、静かに落ち着いた気持ちで、
ベットへ入りましょう。

 

 
いかがでしたか?

少しの工夫と注意で、
深い眠りを得られるかもしれません。

ぜひ試してみてくださいね(^^♪

 - 改善

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です