知的な日々の過ごし方

米のとぎ汁!洗顔に効果があるってホント?

      2016/02/07

私たち日本人には、かかせない、
主食の1つである「お米」。

炊く前に、まず水でといで、洗いますよね。

 
その時に出るお米の「とぎ汁」。

 
普段は、もちろん流してしまっていますが、

実は!!

このとぎ汁を使って洗顔すると
お肌にいいということを知っていましたか?

スポンサーリンク

 
一人暮らしで自炊をしている方、
毎日、食事の準備をしている主婦の方なら、

この捨ててしまうとぎ汁を、
有効活用できるとなれば、
もう使うしかないですよね!?

 
しかも、肌にもいいし、無料とあれば
なおさらです!

 
ただし、米のとぎ汁を洗顔に使う場合、
そのまま何も考えず、バシャバシャと
使ってはいけません。

 
使う前の薄め方や、上手な使い方
ちゃんとありますので、

今回は、米のとぎ汁を使っての洗顔の仕方、
その効果などを
詳しくご紹介します^^

 

米のとぎ汁の効果とは?

 
米のとぎ汁で洗顔をすると、
ピーリング効果が見込まれます。

 
ピーリングとは、よくエステのメニュー
なんかでも見かけるかと思いますが、

古い角質を取り除き、痛んでしまった
お肌を、元の状態に戻してあげること。

 
ニキビのあとをきれいにしたり、
角質を柔らかくしたりなどの
効果があると言われています。

 

また、米のとぎ汁に含まれる成分は、
米ぬかとほぼ同じ。

美白や保湿に効果的な成分も、
含まれているんだそうですよ^^

 
togijiru1

 

米のとぎ汁を使った洗顔の仕方!

 
必要なものは、米をといだ汁だけでOK。

 
一番最初のとぎ汁は捨て、二番汁を使って、
洗顔するのがいいと思います。

 
最初のとぎ汁を捨てるのは、お米についた
ゴミを取るためです。

 

洗い方は、特に難しくはありません。

 

  1. クレンジングも洗顔も終わった後、
    洗面器に水かお湯をいれ、そこにとぎ汁を
    入れて薄めます。

    1.5~2倍ほどに、薄めてください。

  2. 薄めたら、とぎ汁をすくって、
    顔全体を覆い、10回ほど
    優しくマッサージしてください。
  3. あごから頬へ、そして、額まで
    上に向って、軽く押し上げるように
    10回ほどまた優しく撫でてください。
  4. シミの部分などを優しく撫でて
    マッサージをしたあと、お湯で顔を
    洗い流してください。

 

強くこすらないように意識しましょう。

あくまでもやさしくゆっくりと、です。

 

スポンサーリンク

 

米のとぎ汁洗顔の注意点

 
arrow アレルギー

米は、日本人が昔から食べているものです。

 
だから、アレルギーを起こす人は
少ないようですが、万が一ということもあります。

 
できれば、パッチテストをしてから
使ってみてください。

 
arrow 保存ができない

米のとぎ汁で洗顔をし、もしあまった場合。

 
ペットボトルに入れて、冷蔵庫で
保存するのがベストですが、

冷やしているからと言って、いつまでも
持つわけではありません。

 
なので、早めに使い切りましょう。

 
できれば、その日のうちに使いきるのが
ベストです。

 
残ってしまった分は、お風呂に入れて
入浴剤の代わりにする、なんてのもアリです。

 

 

いかがでしたか?

 
ちなみに、余談ですが・・・

2005年、とある大学と研究所が、
「コメ由来グルコシルセラミドの
経口摂取による皮膚保湿効果」の
共同研究を行ったそうです。

 
グルコシルセラミドというのは、
米のとぎ汁に含まれている成分のことです。

 
これを摂取した場合としなかった場合とで、
「皮膚角質層水分量」と、
「経皮水分蒸散量」を測定して比べてみました。

 
30人の被験者によって行われた結果は、

  • 肌のキメを改善させられる
  • 経皮水分蒸散量が抑えられて、
    バリア機能の向上も認められ、
    皮膚保湿効果がある

というものでした。

 
つまり、洗顔するだけじゃなく、
飲んでもお肌にいいということなんだそうです!

 
いくらお肌に良いとはいえ、
飲む勇気は、なかなか出ないですけどね~(笑)

 - 肌ケア

スポンサーリンク


この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です