知的な日々の過ごし方

甘酒の効果とは?飲み方のポイントは?

      2016/02/08

有名な女優さんが、飲んでいる
公言したり、

その効果が、テレビで紹介されたことで、
特に、女性の間で話題になった『甘酒』。

  • 美容に良いと聞くけど、なぜそんな効果が出るのか?
  • いつ、どんなときに飲むのがいいのか?
  • そもそも甘酒とはどんな飲み物なのか?

気になる疑問を、調べました!

 
効果があるなら、試してみたいですよね(^^♪

スポンサーリンク

 

甘酒とは?

 

原料は米麹や酒粕。

『飲む点滴』とも言われるぐらい、
様々な栄養分が含まれている、
日本の伝統的な発酵飲料です。

 

「酒」という名前がついてはいますが、
アルコールが含まれているのは、1%未満だそうです。

 
お正月に家で飲んだり、お寺や神社で
参拝客に振舞うところもあるなど、

お正月に飲むものというイメージが
ある方もいるかと思いますが、

コンビニやスーパーに行くと普通に
販売されており、いつでも気軽に
飲むことができる
んですよ!

 

そんな甘酒、気になるのは効果ですよね~

 

甘酒の効果は?

amazake休肝日。甘酒 posted by (C)naka_hide 2013 on Flickr

 
お酒と言うぐらいだから、
「別に健康にいいことはない」と思いがちですが・・・

実はそうでもないのです。

 

check

 甘酒の効果!!

  • 疲労回復
  • 美肌効果
  • おなかの調子を整える
  • ダイエット

 

1つずつ見ていきましょう。

 

疲労回復

 
甘酒には、ふだん、人間が活動するために
必要なエネルギー源であるブドウ糖が
多く含まれています。

これが、疲労回復や美容に力を貸してくれるんです。

 
昔の人は、夏バテ防止のためにも、
甘酒を飲んでいたそうですよ!

 

美肌効果

 
お肌をきれいにしたり、皮膚や粘膜の働きを
よくするビタミンB群
が、甘酒には、
たっぷり含まれているんです♪

 
麹(酒かす)に含まれるコウジ酸には、
しみの原因となる、過剰なメラニンの生成を
抑えてくれる
効果もあります。

 
『スキンケアとして使うこと』でも、
その力を発揮してくれると言われているのは、
ビックリですね~

 
ふだん使っている化粧水や洗顔料に少し混ぜ
直接お肌に塗ることで、弾力が出たり、
しっとりとハリのお肌を作ることができます。

 

スポンサーリンク

 

おなかの調子を整える

 
甘酒に含まれている食物繊維やオリゴ糖は、
腸内環境を整えてくれる効果があります。

便秘で悩んでいる方は、
ぜひ甘酒を試してみてくださいね!

 

ダイエット

 
ブドウ糖は血糖値をすばやく上げ、
満腹感を得やすくしてくれるので、
ダイエットにも最適です。

 
ビタミンB郡は、脂質の代謝を促進する効果
あるんですよ!

 

どんな飲み方をすればいいの?

amazake2

 
「寒い冬に飲んで体を温める」
というイメージが強い甘酒ですが、
実は、冷たくひやして飲むこともできます。

夏バテ防止には、最適ですね!

 
ただ、甘酒は発酵飲料。

その発酵による独特の味や匂いが苦手、
と言う方も多くいます。

そんな方はそのまま飲むのでなく、
何かを一緒に混ぜて飲むといいですよ。

 
ここで少し、飲み方の例を挙げていきますね。

 

生姜

 
これはスタンダードですね。

甘酒の独特の味やにおいが
気にならなくなる
なりますよ。

飲みやすいので、甘酒が苦手な人にはおすすめです。

 
冬は温めて飲むことで、血の流れを良くして
体も温めてくれます。

少し風邪気味なときや、冷え性の人にも効果的です。

 

牛乳

 
夏など暑いときなどに、
じっくり冷やしてから混ぜて飲むと、
冷たくて美味しく頂けます。

 
味もまろやかになって飲みやすくなりますよ。

カルシウムも多く含まれているので、
イライラや興奮を抑え精神を安定させたり、
睡眠不足も解消できます。

 

豆乳

 
女性に人気の「豆乳」。

お肌に効果的なビタミンが、たくさん
含まれており、血行が促進されたり、
肩こりが改善されたりするので、

美肌・美容効果にもつながります^^

 
甘酒のアルコール的な味と、豆乳の味が
うまく混ざって飲みやすくなりますよ。

 

この他にも、ゆずやレモンなどの柑橘系
絞って、入れて飲むのも手段の一つ。

少し酸っぱさを加えることで、
甘さが苦手と言う人も飲みやすくなり、
さっぱりした気分になれるはず!

 

甘酒には、体に必要なエネルギー源が
含まれているので、朝に飲めば、
パワーがみなぎって元気が出ますし、

夜に飲めば疲労回復にもなり、
ぐっすり睡眠をとることもできます。

 
ただし、体にいいとはいえ、過度の摂取は
良くないので、頻繁にたくさん飲むことは控えましょう。

 
自分の体と相談しながら、程よく摂取し、
健康力や美容力を高めていけるといいですよね(^^♪

 -

スポンサードリンク

スポンサーリンク

この記事はお役にたちましたか?
SNSでシェアしていただけると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です